【読書】あり金は全部使え 堀江貴文  

堀江貴文さんの「あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる」という本を読みました。

簡単にまとめると、「貯金はするな!金はどんどん使え!」ということではなく、将来に備えて貯金を増やすことが重要、お金は使わずにとっておけみたいな風潮のある今の時代、そういった保守的な考え方をやめろ!ってことです。

「貯金思考」よりも「投資思考」

将来やもしものためにお金を蓄えおくのは悪いことではないが、お金の本来の使い方ではない。本来、お金は使うことが目的の道具である。だから、

お金を使わずに貯めることを第一に考えるのではなく(貯金思考)、

お金で培える知恵や経験を身に付けて、それを活かすことをまず考えるべき(投資思考)

新しいことへの挑戦ややりたいことを我慢して、お金と時間に余力を残す。それが本当に人生のリスクヘッジになるのか?備えてばかりの人生で本当に幸せになれるのか?

時間はお金では買うことができない。貯金思考では、二度と取り戻せない時間を無駄にしてしまう。今しかできないことはどんどん積極的にやるべき。

あり金を全部使うつもりで、やるべきことをしろ!

まとめ

真面目で保守的な考え方をしてしまう人には、とてもいい刺激になる本だと思います。

  • 死んだあとなどどうでもいい
  • 行ける飲み会にはすべて行け
  • 財布は落しても構わない
  • 欲しいモはすぐに買え

など、一見めちゃくちゃなことが書いてあるな~と思うのですが、「こういう考え方もあるんだ~!」と、知見を広げることができ、とても面白い本でした。

中には、

  • ジムに行け
  • 邪魔なモノは捨てろ
  • リスクに飛び込め
  • 誰よりも早くやれ
  • 金持ちを目指すな
  • バランスを外せ

など、よく本に書かれている内容もあります。こういう内容は堀江さんも例外ではなく、「大事なことなんだな~!」と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA