【読書】幸福度ランキング62位の日本

本田直之さんの「LESS IS MORE」という本を読みました。ちなみに、読むのは二回目です。備忘録として気になったところをまとめておきます。

なぜ日本人の幸福度は低いのか?

豊かなはずの日本人

2020年の世界幸福度ランキングによると日本は62位。G7諸国では、カナダ11位、イギリス13位、ドイツ17位、アメリカ18位、フランス24位、イタリア30位と、圧倒的に日本は幸福度が低いです。

ランキング上位国は北欧の国々(1位フィンランド、2位デンマーク、3位スイス)が占めています。北欧の国々は税金・社会保障の国民負担率が6~7割と高いのにもかかわらず、幸福度が高い。それに対して、日本は国民負担率は4割程度。北欧の国々よりも使えるお金は多く、モノも豊富にある。それなにのなぜ幸せを感じられないのか?

日本人は主観満足度が非常に低い。

人生評価において楽しいか、辛いかという主観質問への回答。

パト
日本人の国民性(勤勉で真面目)の問題が大きいのかもしれません

モノから幸福度を感じられる時代は終わった

日本人は未だに物質至上主義。マイホームや車などのいいモノや、高い年収(給料)を手に入れるために、ストレスフルな仕事を続けている。

  • 長い通勤時間(満員電車や朝の渋滞ラッシュ)
  • 夜勤などの変則勤務(寿命が短くなる)
  • 長時間労働(毎日2時間残業、休日出勤)
  • メンタルを削る仕事(仕事量が多い、重労働、責任が重い)
  • ストレスフルな人間関係

要らないモノを次々に買ってしまう。自分の家や持ち物を人と比べて劣等感を抱いてしまう。すぐに新しいモノが欲しくなる。

豊かな生活を維持するために長時間労働が当たり前になり、給与水準は下がっていないのに借金や自己破産が増える・・・

パト
最近はこういった価値観に違和感を覚える若い子が増えてきています。

ちなみに、日本以外の国に、「過労死」に相応する言葉はなく、英語圏でも「karoshi(過労死)」という言葉通じるのは有名な話です。

北欧の人に「何か欲しいモノはありますか?」と聞くと・・・

彼らの回答は、「家族の健康」、「子どもの安定した暮らし」、「仕事の前進」など、欲しいモノを聞いているのに、答えにモノが出てこない。

大きな家が欲しいとか、いい車が欲しいとか、そういうことのために仕事をしているわけではないよ

トーマス・フロストさん/デンマーク/ウェブデザイン勤務

モノはないですね。欲しがり始めると何でもかんでも欲しくなってしまう。

アルト・トゥルネンさん/フィンランド/ノキア勤務

幸福度の高い国々の人達は、物質的なものよりも、精神的、経験的なものに幸福度を感じてることがわかる。

「精神的な幸せ」を得る10の条件

筆者が北欧でインタビューをし、「精神的な幸せ」を得るためには、ある共通のパターンがあることがわかった。

「新しい幸せ」10の条件
  1. 仕事を楽しんでいるか?(成長を感じられる、挑戦できる、満足している)
  2. いい友人、仲間、家族がいるか?
  3. 経済的に安定しているか?
  4. 精神的、肉体的に健康であるか?
  5. 刺激のある趣味をもっているか?(旅行、自転車、マラソン、サーフィンとか)
  6. 時間で自分をコントロールできると感じているか?(自己管理能力はありますか?)
  7. 住む場所に満足しているか?
  8. いい考え方のクセを持っている?(ネガティブよりもポジティブ思考)
  9. 将来の見通しが立っているか?
  10. 目標に向かっている感覚はあるか?

その他メモ

REDUCE(モノを減らす)⇒ RESET(リセット)⇒ REBUILD(再構築)

モノを減らすと、気持ちがすっきりする。動きやすい。新しいことに挑戦しやすい。古い価値観や固定概念をリセットしやすくなる。だから、新しい価値観やライフスタイル、幸せを追い求めて、再構築できる。

昇給よりも成長

お金よりも精神的な充実度の方が大切。今の時代、一生懸命に働いても、給料は減っていく可能性だってある。給料を上げることだけが仕事の目的や喜びではない。仕事を通じて、成長しているか?達成感を感じているか?もっと挑戦的な仕事をしてみたくないか?

短期の幸せよりも長期継続の小さな幸せ

短期の幸せ・・・最新の家電を買った、ボーナスが支給された、給料が上がった

長期継続・・・仕事で成長できた、残業が少ない会社に転職した、家族が健康だ、フルマラソンに出場できるようになった

お金の賢い使い方

2019年7月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA