プロフィール

パト
僕の自己紹介のページです!

1985年生まれ、愛知県出身。

現在、自動車メーカーの工場で、期間工(非正規社員)として働いています。

新卒でいきなり人生転落(23歳~25歳)

大学を卒業し、自動車部品メーカー(社員数2,200人)に就職しました。しかし、社会人2年目の9月頃、社内でも激務のグループに異動になり、メンタルやられて3年目に休職。

パト
死ぬことを考えるぐらいメンタルやられました。

これを機に、自分はダメ人間なんだと強く思い込むようになり、自己肯定感が欠落。そして、身を削って、ストレスフルな仕事を一生続けていく自信はなく、退職しました。

 

これが僕の人生の分岐点

 

はじめての期間工(非正規)

自己都合による退職なので、失業保険はありません。無職無収入になりました。

働かないと金がなくなる=死

そんな焦りがあり、すぐに大手工場(アイシンAW)で期間工をしました。

パト
働きながら、将来どうするか考えよう・・・

半年後の満了金はたったの6万円で、当時、仲のよかった社員さんのボーナスは40万。やってる仕事はまったく同じなのに、格差を感じました。

中小工場工員時代(25歳~32歳)

その後、就職活動をして、中小の工場(社員数500人)に就職。

しかし、品質管理の職種で応募したのに、配属されたのは3k(キツイ、汚い、危険)の部署に。給料も賞与も大幅に減り、軍手や作業着のクリーニング代など、出費が増え、このままじゃヤバイと危機感を感じました。

それから、お金のことを真剣に考えるようになり、「30までに貯蓄1,000万」という目標を立てました。徹底的な節約と投資(アベノミクス)のおかげで、28歳で目標を達成。

グレーな労働環境で7年働くも、自分の将来像が見えず、また、一生この環境で働くことに希望を失い、32歳で退職。

パト
とても悩みましたが、まったく後悔していません

このときの資産は2,500万に達しており、最終的にお金があったから、30代で退職を決意することができました。

再び、期間工(非正規)に・・・(32歳~現在)

大手企業の正社員になることを目標に、もう一度期間工として働くことを選びました。しかし、コロナウイルスの影響で正社員登用試験は中止に・・・

 

さあ、どうする!?

 

期間工パトの挑戦