【投資】FXだけはやめておけ

Twitterで、FXでボロ負けしてもなお懲りずにFXをしてしまう非正規の方を見かけました。僕も20代の時にFXをしていたので、それについて思う事を記事にしました。

FXで成功するのは難しい

ギャンブル依存

Twitterで見かけた方は、FXで損失を出して精神的に苦しんでいる様子なのですが、よくツイートを観察してみると、反省していないようにも見えました。FXを辞める、引退する、口座を解約するというワードが出てきません。

お金を稼ぎたい・増やしたいという願望よりも、非日常的なスリルや達成感を味わうことに快楽を感じてしまっているのだと思います。

これはギャンブル依存症です。

ギャンブル依存症の方は、ギャンブルに対する考え方が偏っている場合がほとんどです。

  • 負けが続いても最終的には勝てると確信している
  • 負けた時のことはよく覚えていないのに、勝った時のことはよく覚えている
  • 運をコントロールできると信じている

ギャンブル依存症ってどんな病気?

FXは投資ではなく、投機(ギャンブル)です。投機とは、市価の短期間の変動の差益だけを狙って行う売買取引のことを言います。対して、投資は将来有望なものに長期的に投資をすることを言います。

ルールを守れば大丈夫という過信

レバレッジを低く抑えたり、ストップロス(損切り)を設定すれば大丈夫と思っている方もいますが、これは間違いです。

FXで自分で決めたルールを守ることは、フェラーリやランボルギーニに乗って、高速道路をひたすら100km/hで走るようなもの。普通車ですら制限速度を超えて走ってしまう人がほとんどなので、それがいかに難しいかわかるかと思います。

自己管理能力が突出した限られた人にしかFXでは成功できません。

FXで夢を見てしまう理由

「死人に口なし」というように、「今月は50万稼ぎました」というような成功者ばかりが目立ってしまうので、自分にもできると勘違いし、敗者の存在を忘れてしまうのです。

FXで成功できる人は氷山の一角で、成功者の裏には、

大多数の敗者や退場者がいることを忘れてはいけません・・・

敗者の存在を見ずに、成功者ばかり見てしまうことを、行動経済学では確証バイアスと言います。

自分の思い込みや願望を強化する情報(FXは儲かる)ばかりに注目してしまい、自らに不都合な情報(FXで失敗した人の情報)を無視や軽視する傾向のことです。

僕もFXで地獄を見ました

僕も過去にFXをしていました。高金利通貨(南アフリカ・ランド)に手を出し、スワップ目的(レバレッジ3~4倍程度)で長期保有する計画でした。レバレッジ3~4倍というのは比較的低い倍率で、ハイリスクというほどではありません。

しかし、予想を遥かに上回る為替の変動により、強制ロスカットとなりました。

 

損失額は 300万

 

それ以来、FXをしていません。

物理的にFXをできないようにするため、全てのFX口座を解約しました。

なぜロスカットされてしまったのか?
  • 損切りができませんでした(本音は損切りしたくありませんでした)
  • いつか値が戻ってくるという身勝手な考えをしてしまいました(まさに確証バイアス)
  • ロスカットなんてされるはずがないという慢心がありました

この経験から、FXでは長期的な資産形成は無理だと悟りました。

今では高額な人生の勉強代(300万)と思っています・・・

自分で経験しないとFXの怖さはわからない

おそらく僕の記事を見て、FXを辞める人は誰もいないと思います。

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ

と言う名言がありますが、

大半の人間というのは自分の経験からでしか学ぶことができません。自分で痛みを感じないと学ぶことができないのです。

人の経験から学ぶことができる人は、とても希少で優秀な人間です。

年収に匹敵するような大金を、一瞬で失うかもしれないという精神的苦痛を、何週間、何か月と感じて、ようやく気付くのです。

 

「FXなんてしなければよかった・・・」と・・・

 

4 件のコメント

    • Mr.さん

      iDeCo、NISA、投資信託、個人向け国債など、これ以上金融商品が増えてしまうと、資産管理に手間がかかるので考えてないですね。

  • それだけ減ると言うことはそれだけ増えると言うことです。勉強が足りないだけですよ。
    ブログ面白いから参考にしてまーす。

    • >>それだけ減ると言うことはそれだけ増えると言うことです。

      理論的はそうなんですけど、プロスペクト理論によって負ける確率の方が高くなると思うんですよね。
      まあ、僕はFXはもうしませんw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA