底辺の99%は一生底辺のまま

とあるYOUTUBEの動画をみていたのですが、グサッときました。

 

その内容は、

 

底辺の99%は一生底辺のまま

 

というもの。

 

底辺に属する人達は、人生に一発逆転があるように思えているみたいだが、

 

まずない!99%ない!

 

底辺の人間は、一生涯、底辺として生きていく。

周り(底辺)の人達がしていないことをしない限り、底辺は横(底辺)にしか移動できない。

上の階級に上がることは決してできない。

日本の階級社会とは?

下図は自然の生態系ピラミッド図ですが、日本の階級社会と同じようなもんです。

  1. 高次消費者(資本家階級):政治家、経営者、役員
  2. 第一次消費者(中間階級):管理職、専門職、上級事務職
  3. 生産者(労働者階級):正規労働者
  4. 分解者(アンダークラス):非正規労働者(契約社員、派遣社員、フリーター、パート)

僕は自然界で言うと、ミミズやダンゴムシ、何かよくわからない気持ちの悪い幼虫と同じレベルにいますw

底辺が這い上がれない理由

それは、底辺の99%の人間は

 

勉強しないからです。

 

100人に1人ぐらいしか勉強する人間は現れない。

 

数年前、「社会の底辺の人とは関わってはいけない」という記事を書いた、ある女性のブログが炎上しました。

第4階層の人とは、口聞いちゃダメです。仕事一緒にするとか結婚するなんて絶対ダメ。「こんにちは」も言っちゃダメ。

※ここで言う底辺の人間とは、「フリーター、非正規社員、派遣社員、飲み屋、風俗嬢など売春婦」などを指すようです。

その女性ブロガーいわく、底辺の人と関わってはいけない一番の理由は、「頭が悪いから」

底辺の人と関わってはいけない理由
  • 一番の理由は、頭が悪いから
  • 感情のコントロールができないから
  • 犯罪を犯すのは、大体この層だから
  • 底辺階層の人は、ほとんど一生底辺階層だから
  • 努力をしないから
  • 売春婦とは、売春でしかお金を稼げない人を指す(頭を使わないから)
  • 第二の理由は、貧乏だから(稼げない、貯金もできない)

第四階層だからと言って犯罪者扱いされるのはどうかと思いますが、彼女の意見におおむね同感です。

人は環境に強く依存する

僕の知っているある期間工の方は、平日は帰宅したら、風呂に入って、お酒を飲んで、YOUTUBEやNetflix、Amazonプライム・ビデオを見て、また朝を迎えるそうです。

それを月から金まで繰り返し、土日は漫画喫茶に行って、ギャンブルして、腹が減ったら外食。たまに仲良くなった期間工の方と飲みに行って、職場の愚痴なんかを話しているみたいです。

何も努力はしていませんね・・・

おまえの毎日って今…

 

ゴミって感じだろ?

 

無気力で 自堕落で 非生産的

福本伸行『カイジ』より 遠藤

底辺の人と関わってはいけない本当の理由

底辺の人と関わると、その人の思考や行動に強く影響(洗脳)されてしまい、自分も底辺になってしまいます。「あいつが〇〇するなら、俺もしよ」と、安心して行動してしまう。

 

人はいつの間にか、周りに合わせることが正しいと思いがち

 

もし、自分を変えたければ、付き合う人(環境)を変えた方がいいです。

頭が良くなりたい人が、塾や進学校へ行くのと同じです。塾や進学校は、同じ目的(成績を伸ばしたい、難関大学に進学したい)の人達が集まるから、プラスの影響を強く受けます。

 

人は環境の中で競争し、成長する

 

それが無理なら、いつも見ているブログやYOUTUBE、Twitterのフォローを変えるも効果的です。

動画のコメントの紹介

そのセミナー動画のコメント欄に、こんな書き込みがありました。

僕も日雇いアルバイトをしていますが、周りは勉強もしないで稼いだ金をギャンブルや遊びに使う事しかしてません。

そこにいると自分がダメになっていく感覚になります。

早く抜け出して新しい事を始めたいと思います。

僕も期間工という非正規社員という身分ですが、動画を見て、彼と同じような気持ちになりました。

ちなみに、こちらが僕が見た動画です。「キミアキ先生の起業酔話」。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

2 件のコメント

  • いつも楽しく拝見しています。

    私がこれまで、ブログを読んで感じたことを書かせてもらいます。
    PATOさんの場合、組織の中で働くことはあまり向いていないように感じます。

    今後、めでたく正社員になったとしても上と下の板挟みになり、生真面目で感受性の強いPATOさんなら自分を失ってしまうような気がします。

    個人的には、これまで通りある程度の手取りが期待できる職場で、コツコツ資産を増やしていきインカムゲインで生活することを目標にされた方が、PATOさんらしい人生を歩めるかもしれません。

    もちろん「結婚して家族を養っていくんだ!」という決意があるのであれば、正社員として安定した生活を目指すべきでしょう。

    私の個人的な願望では、フリーランスのFPのような立場で若年層の資産形成のアドバザー的な仕事をしてもらいたいです。(PATOさんの情報発信能力では十分に可能だと思います。)

    以上、勝手なことをつらつらと書いてしまいました。
    的外れな意見かもしれませんので、コメ欄に反映させなくても全然OKです。

  • Eijiro Tanakaさん

    >>個人的には、これまで通りある程度の手取りが期待できる職場で、コツコツ資産を増やしていきインカムゲインで生活することを目標にされた方が、PATOさんらしい人生を歩めるかもしれません。

    まったく同じことを考えていました。ただ、それを記事にするといろいろ言われそうなので記事にしませんでしたw

    デンソーで期間工として働いてみて、僕が思っていたイメージとは少し異なっていました。Eijiroさんが言うように、問題が多々あるように思えます。今の職場の正社員は見ていて辛そうです。人手不足で現場を回さないといけないに、上からの指示の仕事もこなさないといけない。本当に上からの指示と現場の板挟み状態です。

    方向転換して、やや小規模の企業の求人もちょこちょこ調べたりもしていたんですよ。しかし、次に受ける予定のトヨタ自動車は他の会社よりも少し思い入れがあり、やはり一度でいいから働いてみたいという気持ちがあります。正社員登用は年齢的に厳しいというのもありますが、「とにかくやってみる」の精神で挑みたいと思います。

    >>私の個人的な願望では、フリーランスのFPのような立場で若年層の資産形成のアドバザー的な仕事をしてもらいたいです。(PATOさんの情報発信能力では十分に可能だと思います。)

    非常に興味があります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA