【読書】堀江貴文 「捨て本」

最近、再びミニマムライフに注目しており、そんな中、堀江貴文さんの「捨て本」という本を読みました。実は、堀江貴文さんもあまりモノを持たいない人なのです。家、車、高級スーツ、腕時計、貴金属、有名アートなど、多くの金持ちが求めるモノを何一つ所有したくないそうです。その考え方や価値観はどんなものなのでしょうか?

僕が印象に残った点を備忘録としてブログにまとめておきます。

ビビっと来た文章

どれだけ高いモノを持つかよりも、どんな価値観を持つか

「所有」という概念はだんだんと溶けていき、やがては遺物になっていく。シェアリングエコノミーは、若い世代から順番に、ライフスタイル、ひいては社会の常識を、変えていこうとしている。

価値の高いモノを「どれだけ持つか」よりも、「どんな価値観を持つべきなのか」が、真剣に問われる時代になっていく。

モノに縛られ続けるか、モノを飛び越して好きなように働いて暮らすのか、選ぶのはあなた自身だ。

堀江貴文「捨て本」 P15~16

若い方を中心に、買わない、持たない、借りる、シェアするといった価値観は広がっているように思います。現に、20代のミニマリストのブログやYOUTUBEが、以前よりもかなり増えました。所有するという価値観は、今後どんどん薄まっていくでしょう。

所有はリスク

所有はリスク。失うことへの不安、管理の手間、執着心と、いくつものネガティブ要素を運んでくる。持ち運びに難儀したり、持っているだけで出費を強要されたり、何らかの制限が付随してくるようなモノは、リスクでしかない。対処策は、ためらわず捨てること。喜びはモノを所有しなくても満たせる。

いったん所有欲に縛られると、「あれが欲しい」、「これを手に入れたい」と所有物のために働くようになり、本当に自分がやりたいことに集中できなくる。所有欲が価値を判断する基準となってしまうので、自分が持っていないモノを持つ人を妬んだり、持っているモノを失うことを恐れたりと、心が休まらなくなる。

堀江貴文「捨て本」 P30~31

貯金 vs 自己投資

「貯金がないと不安」という人は多い。自信がないからだ。人生を切り開く、己の能力を信用していない(または磨く努力をしていない)から、財力があればどうにかなるというお金への残念な妄想に陥ってしまう。もし、確かな自信を築いていれば、手元のお金は投資に回せるはずだ。

毎月3万円をちまちま貯金する人と、毎月3万円を自己投資に充て、能力の伸びしろを自力で育(はぐく)める人、どちらが今後の世界を生き抜けるだろうか?

堀江貴文「捨て本」 P89

僕は貯金することは否定しません。能力のある人間は、お金がなくても生きていけると思います。

しかし、能力がない人間は、自己投資したところで効果はたかが知れてます。だから、貯蓄で逃げ道を確保することも大事だと思いますね。精神的にも安定しますし。闇金ウシジマくんの名言、「金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ」の通り、貯蓄があるに越したことはないです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA