2024年 フランス旅行の費用まとめ

フランスに新婚旅行(6泊8日)に行ってきました。パリとニース(フランス第2の観光都市)を巡りました。

フランスは行ってみたいけど、気になるのは予算の話じゃないかなと思います。5年前は1ユーロ=120円だったのですが、今や165円とかなりの円安です。1.4倍も物価が上昇していることになりますね。

フランス旅行(6泊8日)の費用

いきなり結論からいきます。フランス、2都市周遊(6泊8日)の旅費は

一人当たり 約43万7千円

となりました。ネットの情報にもフランス旅行の費用の目安は30~50万と記載されていたので、大体その通りになりました。僕はパリとニースの2都市を観光しましたが、パリだけならもっと安く済みますね。ただ、せっかくフランスに行ったのなら、パリ以外も観光するのがオススメです。

全体の支出グラフ

一番お金がかかったのは航空券で、なんと旅費全体の半分も占めています。費用を抑えたいなら、航空券の価格をしっかり調べた方がいいですね。

  • いつ行くのか(時期・シーズン)
  • 経由ルート(直行便か、経由か)
  • 利用する航空会社
  • どこで購入するか(航空会社から直接購入するか、旅行サイトから買うか)

など、いろいろ比較しましょう。

次に宿泊費ですが、今回は新婚旅行ということで4つ星ホテルにも宿泊しましたが、ぶっちゃけ日中はほとんど外出していますし、寝るだけと考えるなら3つ星ホテルで費用を抑えるという手もありますね。そこは旅行の目的や価値観の違いで変わります。

費用の詳細

航空券(一人当たり) 22万円

  • 海外航空券(名古屋 – パリ往復)・大韓航空・・・183,600円(一人)
  • フランス国内航空券(パリ – ニース往復)・エールフランス・・・36,597円(一人)

タイムスケジュールと費用のバランスを考えたら、大韓航空が一番ベストでした。

また、韓国・仁川国際空港での乗り継ぎ時間は45分しかありませんでしたが、何も問題なく、スムーズに乗り継ぎできました。

名古屋9:20発→仁川11:25着 仁川12:10発→パリ18:30着

航空券の購入先は?

航空券は日本からパリ行きは楽天トラベルで購入。楽天トラベルよりも安い外資系の旅行サイトはあったのですが、数千円の差だったので使い慣れた楽天トラベルをチョイス。もちろん、ポイントサイトのハピタスを経由して少しでも費用を抑えています。フランス国内はエールフランス航空のサイトから直接購入しました。

宿泊費(一人当たり) 12万1千円

  • パリ1泊(3星ホテル)朝食なし:11,228円
  • パリ2泊(4星ホテル)朝食あり:58,207円
  • サンポールドヴァンス1泊(民泊)朝食あり:10,049円
  • ニース2泊(4星ホテル)朝食あり :39,069円

※民泊以外のホテルで、宿泊税が計約2,000円発生(現地払い・クレジット可)

飲食費(一人当たり) 2万7千円

為替の影響を受けて日本よりもかなり割高に感じますね。本当は老舗料理店にもっと行く予定だったのですが、段々疲れてきて慣れた日本食に路線変更しました。

パリ

  • 老舗カフェ:43€
  • スタバ:11.5€
  • とんかつ:35€
  • 洋食レストラン:56€
  • カレット:30.6€
  • スイーツカフェ:12.2€

ニース

  • からあげ弁当:26€
  • 中華料理:48€
  • アイス:10€
  • 日本食:48€

二人で日本円に換算して5万4千円でした。一人当たり2万7千円ですね。

観光費(一人当たり) 2万3千円

  • モンパルナスタワー:23€(3,818円)
  • パリミュージアムパス(2日間):55€(10,500円)
    • ルーヴル美術館
    • オルセー美術館
    • オランジュリー美術館
    • サントシャペル教会
    • 凱旋門
  • オペラガルニエ:15€(2,490円)
  • エッフェル塔(最上階):29.4€(5,028円)
  • エズ植物園(Le Jardin Exotique):5€(843円)

交通費(一人当たり) 1万8千

意外とかからなかったのが交通費。フランスのバスや電車は安いですね。

パリ市内

  • タクシー(パリ空港からホテルまで):65€(10,106円)
  • 電車&バス 2.15€×6回乗車×163円=2,102円(一人)
  • タクシー(ホテルからパリ空港まで):65€+7€(11,736円)

ニース(コート・ダジュール地方)

  • バス(ZOU):2.5€×2回乗車(821円)(一人)
  • TER(フランス国鉄・快速列車):3.8€×1回乗車(624円)(一人)
  • バス&路面電車(SNCF) 10回券:2€(カード代)+17€=19€(3,205円)(一人)

※パリ(シャルル・ド・ゴール国際空港)からホテルまではタクシーを利用しました。ロワシーバスという空港とパリ市内を往復しているバスを利用すれば、一人16.20€(2,640円)で済みます。空港までの帰りは、ホテルまでタクシーを呼んだので、予約料金7€が加算されています。

その他 2万8千円

  • お土産代:12,704円(一人)
  • パスポート申請費用(5年):11,000円(一人)
  • 中部国際空港の駐車場代(8日間):8,000円(1台)

しなかったこと

  • Wi-Fiレンタル:自分は楽天モバイルの海外ローミングで対応。嫁はalamoで海外ローミング対応。
  • 海外保険:楽天カード(クレジットカード)の海外旅行保険は、旅行代理店で予約した海外パックツアーが対象で、個人旅行は対象外でした。

まとめ

1ユーロ165円台の中、タクシーを利用したり、パリとニースの4星ホテルに宿泊するなど、50万以上の出費になったかな?と思ったのですが、まとめてみたら45万以下と意外と安く済んだなというのが正直な感想です。

これぐらいの費用ならまたヨーロッパに旅行に行きたいなと思いました。

 

「思い出はお金で買えない価値がある」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA