【婚活アドバイス】低スペックは身だしなみで勝負

36歳、工場勤務で年収420万と、かなりの低スペックですが婚活を始め、何と彼女ができました。

僕が婚活のためにしたことを紹介したいと思います。僕と同じように、低スペックだけど結婚願望が少しでもあるという方の参考になればと思います。

低スペックでもできること

婚活のために転職して年収を増やすことは現実的に難しいかもしれませんが、見た目を変えることは割と容易にできます。

スペックで勝負できないという方は、見た目(清潔感)と内面(考え方)で勝負するのが一番現実的じゃないかなと思います。この記事では見た目(清潔感)について書きたいと思います。

スペックを重視される「お見合い結婚」から、いかに「恋愛結婚」に持ち込むか。

筋トレをする

筋トレを1ヵ月継続できれば効果がわかります。3ヵ月継続できれば、見た目は大きく変わります。さらに、それが自信につながります。月額支払ってジムに通う必要なんて全くありません。自重トレーニングで十分です。

ジムに通う必要はありませんが、個人的には「腹筋ローラー」と「プッシュアップバー」の2つは購入した方がいいと思います。2千円程度の出費に対する効果がとても大きいです。

 

あとYOUTUBEに筋トレ動画がたくさんあるので、これらもオススメです。

髪型を変える

人の見た目は髪型で7~8割が決まると言われています。イケメンになることはできませんが、雰囲気イケメンなら大抵の人はなれます。僕は髪の毛を伸ばして、パーマもかけました。

ちなみに、僕はホットペッパービューティーで予約して、ポンタポイントを貯めています。

【ホットペッパービューティー】人気のヘアサロン検索

送料無料! アリミノ メン ハードバーム 60g

髭の永久脱毛

婚活を機に、医療脱毛(永久脱毛・レーザー脱毛)をしました。髭は平均的な濃さだと思うのですが、頬や頬ラインの髭が不衛生に見えるので少し嫌だなと感じていました。現在も通っています。

【ヒゲ脱毛】医療レーザー脱毛の経過観察

2022年2月28日

髭脱毛は大きく2種類あり、エステ脱毛と医療脱毛があります。後者の方がレーザーの出力が高く、効果があると言われています。料金は高い(最低10万はします)ですが、長い目で見たらこちらの方が安上がりです。

歯石除去

最近、歯のクリーニング(歯石除去)に行ったのですが、施術後の歯の白さに驚きました。今まできれいだと思ってたのに、すごい黄ばんでたんだなとクリーニングの大切さを痛感しました。また、そこで虫歯も見つかり、早期に治療することができました。これからは、半年に一回はクリーニングに行こうと思います。

ちなみに、下記の歯磨き粉は、歯科医師がよくオススメする商品だそうです。

自分に投資しよう

SNSの動画をなんとなく見ていたら、20代の可愛い女性が一か月にかける美容費と題して一覧をまとめていました。基礎化粧品、メイク用品、美容院、ネイル、まつ毛エクステ、脱毛、エステ、サプリメント・・・

なんとその額、19万!

話題性を得るために年ベースでかかる費用も一か月に集約していると思いますが、その努力はすごいと思いました。

やはり何かを得たいなら、それなりの努力や犠牲が必要です。それは女も男も同じです。楽して何か得ようなんて無理な話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA