【一生独身】婚活がうまくいかない人の特徴

どうも、婚活アドバイザーのパトです。

僕の薄っぺらい恋愛経験から、婚活が上手くいかない人へのアドバイス記事です。

今回は思考編です。

【婚活アドバイス】低スペックは身だしなみで勝負

2022年2月5日

婚活がうまくいかない人には一定の共通点があります。

婚活がうまくいかない人の共通点

減点方式で相手を見ている

まず一つ目は相手を減点方式で見ているということ。僕もつい最近まではこの考え方でした。加点方式で相手を見るようになってから、上手く回りだした気がします。

減点方式とは、物事の判定や評価において、悪い点や劣っている点を差し引いていく評価方式です。その逆の加点方式は、良い点や優れた点を足して積み上げて評価します。

パト
減点方式の方が評価が厳しくなりやすい。完璧主義。

減点方式の人は、どんな人でも相手の欠点を見つけるプロです。

「あれがダメ」、「これがダメ」、「もっとこうしてほしい」、「この人とは合わない」。相手のいいところを見つけようとせず、欠点を探すことに一生懸命・・・

人間、何かしらの欠点や短所は必ずあります。価値観が合わないなんて当たり前なんですよ。それを前提とした上で信頼関係を築いていかないと、絶対にうまくいきません。価値観が合う人を探すよりも、価値観を擦り合わせられる人を見つけることが大事。

パト
減点方式の考え方では、結婚どころか、まず彼女(彼氏)ができない。

損得勘定で相手を探そうとしている

本質的なこと(一緒にいると楽しい、気が合う)よりも、損得勘定で表面上の条件(容姿、年齢、年収、職業など)を優先して相手を見つけようとしてはいませんか?

損得勘定とは、自分にとって損か得かを、打算的に判断すること。相手への気遣いや優しさからではなく、「自分にとってメリットがあるかないか」を優先して行動すること。

こういった方は懐が狭く、相手を受け入れる余裕があまりありません。婚活相手に足を引っ張られたくない(損したくない、苦労したくない、自分が楽をしたい)という感情がとても強いです。自分の都合で物事を考えてしまうため、円滑な人間関係は築けません。

大切なのは一緒にいて楽しかったり、また会いたいと思えるかどうか。とてもシンプル。頭であれこれ考えて婚活すると上手くいきません。

「きっとこの人はこんな人なんだろう」とか「こんな趣味があるから〇〇だ」など、勝手な決めつけもよくありません。僕も今の彼女のことを、初めは「海外旅行が好きだから浪費家なんだろうな。俺とは合わないかな」と、勝手に決めつけてました。

パト
一緒にいて楽しければそれでいいじゃん

まとめ

婚活する上で理想の人や価値観の合う人はいくら探しても見つかりません。実際は全国のどこかにいるだろうけど、そのような人と出会う確率はとても低く、時間も限られています。

結局そういう人は、自分を守ろうとしているだけで、失敗や傷つくのが怖いだけなんです。僕もそうでした。婚活には、痛みを伴う覚悟や飛び込む勇気も必要です。

この記事が婚活している方の役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA