【2023年】積立投資の設定

2023年の投資設定を再検討しました。去年と大きく変わるのは2つ。

  1. 企業型DCと併用してのiDeCoに加入した
  2. つみたてNISAの口座をSBI証券に変更した

2023年 積立投資の設定

毎月の積立投資はこんな感じでいきます。

証券会社口座
ファンド名
コスト(税込)積立額決済方法
野村証券企業型DC野村外国株式インデックス0.154%1,000円会社拠出
SBI証券iDeCoeMAXIS Slim 先進国株式0.1023%12,000円現金
SBI証券つみたてNISAeMAXIS Slim 先進国株式0.1023%33,000円三井住友カード
SBI証券特定eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)0.154%10,000円三井住友カード
合計
56,000円

税制優遇制度を最優先

税制メリットが高いiDeCoとつみたてNISAを優先して投資。

  • iDeCoは上限の毎月1万2千円を積立
  • つみたてNISAは毎月33,000円の積立(済:1月に7万円投資)

※iDeCoの拠出額の上限は、自営業や会社員、公務員などの属性で変わりますが、僕の場合は毎月1万2千円が上限です。

投資先は、税制優遇制度を最大限に活用したいので、リスクをとって先進国株を選びました。米国株だと一国集中で分散投資の効果が薄れるし、全世界株式は新興国株があまり好きではないので除外しました。

SBI証券×三井住友カードの投信積立でポイント還元

SBI証券は三井住友カードの投資信託の積立で、0.5%のVポイントが貯まります。毎月5万円までが上限で、最大250円分のポイントが貯まり、年間最大3,000円分のポイントが貯まります。

つみたてNISA(毎月33,000円)はクレカ積立にし、あと1万円を8資産バランスファンド(特定口座)で投資します。

ボーナス月の設定(7月と12月)

夏のボーナス(7月)は10~20万を特定口座で投資する予定です。その時のアセットアロケーションを見て、米国株か8資産バランスファンドに投資します。

冬のボーナス(12月)は2024年から始まる新NISAに使おうと思っています。

まとめ

去年は毎月8万4千円の積立でしたが、今年は毎月5万6千円で、2万8千円の減額となっています。

近年、株式への投資割合が高まっており、そのリスクヘッジの意味もありますが、過度な貯蓄・投資思考からいいお金の使い方へシフトしていきたいです。旅行や食べ物、経験、健康、知識、愛情、安全、環境にお金を使いたいです。

見栄にお金を使うと不幸になる 

2019年7月7日

なた、2024年からはつみたてNISAの制度が大きく変わるので、来年の投資方針も考えていきたいですね。年収が低い分、税制優遇制度やポイント還元などを積極的に利用していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA