【10回目】ホテル①

マッチングアプリで知り合った彼女と10回目のデート。この日は有給を使って、彼女の休みと合わせました。

午前10時半に集合。

花見

彼女と合流して、僕の車でまずは大型スーパーに行きました。立駐に車を停め、ちょうど桜が満開の時期なので、少し歩いて桜が綺麗な川沿いを散歩しました。あとでスーパーに戻ってきたら昼食を買う予定です。

川沿いから少し離れた場所でさくら祭りが行われており、そこに行ってみることに。

りんご飴やたこ焼き、やきそば、唐揚げなど、たくさんの出店が軒を連ねており、とても賑やかな雰囲気でした。そこで彼女はたこ焼きを、僕はポテトを買って、彼女とベンチに座って一緒に食べました。

とても平和です。

確認

スーパーに戻り、1階の食品コーナーで昼食のおにぎりやパンなどを買いました。

そして、車に戻ったのですが、僕は少し緊張していました。

彼女が助手席に座り、僕は後部座席に買い物した荷物を載せ、上着などを整理します。そこで少し気持ちを落ち着かせました。

運転席に座り、少し緊張しながら彼女に言いました。

パト:「〇〇ちゃん、今日は行ってもいいんだよね・・・」

彼女:「うん」

「どこに」とは言っていないのですが、彼女は察してくれました。

ついにカラダの関係に?

2022年3月28日

彼女は大人のホテルに対してとても強い嫌悪感を持っています。

彼女のホテルのイメージ
  • 行為をするだけの場所
  • 密閉された空間で暗くて怖い
  • 不衛生
  • 不倫やセフレのイメージ

「ビジネスホテルにしない?」と提案されたのですが、大人のホテルにもいろいろメリット(ホテルによって違った雰囲気を楽しめる、防音壁、照明の設定、風呂が広い、料金が安い、備品がある)があります。

初めから彼女の要望を鵜呑みにしてしまうと、また不満が溜まってしまいそうです。

なんとか彼女が持っている悪いイメージを少しでも和らげたくて、昼間に行くことにしました。

続く

【10回目】ホテル②

2022年4月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA