メルカリで買ったものをメルカリで売る

先日、自主保全士1級という資格を受験しました。合否の結果はまだ発表されていないのですが、自己採点の結果では、おそらく合格です。

なので、勉強に使ったテキストと問題集をメルカリで売却しました。そもそも、このテキストと問題集はメルカリで購入したものでした。

一体、いくらで勉強することができたのか?

計算してみた

購入

メルカリで中古品を購入。

テキストが800円で、問題集が2冊で2,000円でした。

合計2,800円の出費です。

パト
中古と言っても、ほぼ新品のような品物です

売却

3冊まとめて、3,000円で売却できました。

しかし、利益は3,000円ではありません。

  • メルカリの手数料が10%で、売却費から300円引かれます。
  • 送料(ゆうパケットプラス)が375円かかりました。
  • 梱包資材(専用箱)を65円で購入しました。
よって、300円+375円+65円=740円の経費がかかりました。

つまり、利益は、3,000円-740円=2,260円

結果(利益-出費)

(返ってきたお金)-(支払ったお金)は、2,260円-2,800円=-540円

つまり、テキスト代は540円の出費で済ませることができました。

パト
さすがにプラスにはならなかったか

まとめ

もし何も考えずに新品でテキストと問題集を購入し、そのまま売ることなく放置したら・・・

※テキストには2020年度と年数が乗っているので、早く売らないと価値がなくなり、売れなくなる。

  • テキスト 2,530円
  • 学科問題集 1,430円
  • 実技問題集 1,980円

合計5,940円の出費になります。

しかし、メルカリを利用することで、540円の出費に抑えることができました。

何も考えずに生きている人と、お金のことを考えている人の差は5,400円。こういった積み重ねが一生続くとどうなるのか?どこかで見かけた記事によると、こういったマネーリテラシー(お金の知識を持ち、それをうまく活用する能力)があるかないかで、

マンションが買えるぐらいの金額の差になるそうです。

闇金ウシジマくんの名言を思い出します。

人生は結局、お金を奪い合う戦いだ。

お金を奪い合うこの戦場で、弱い奴は徹底的に狙われる。

お金は持っている人間に集まり、持っていない人間は食い物にされる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA