【美男子】30代男のシミ対策

婚活をきっかけに、美意識が高まっています。ヒゲ脱毛を始め、シミの治療もしました。

【36歳】はじめてのヒゲ脱毛

2021年10月9日

また新たに、顔全体の小さなシミや新たなシミの予防にも興味があり、次はこの商品を購入しました。

シミの予防

購入したのはこちらの、濃厚本舗薬用ホワイトニングゲルです。

期待される効果:トラネキサム酸

トラネキサム酸を配合しており、シミをできにくくする効果があります。2002年に厚生労働省も美白効果があると認めました。メインの効果はシミの予防だと思いますが、抗炎症作用により、今あるシミを薄くする美白効果も期待できるそうです。

トラネキサム酸の美白効果や副作用について美容外科医が解説!

また、肌荒れを抑止する成分のグリチルリチン酸2Kも配合しており、日焼け、ニキビなど、肌内部の炎症を抑えてくれます。

⇒効果:僕は少し赤ら顔なのですが、その症状がよくなりました!

購入理由:コストパフォーマンスが高い

トラネキサム酸が配合された類似商品は数多くあります。

ロート製薬の「肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白クリーム」は50gで1,500円ほど。

SNSで話題になった無印良品の「エイジングケア薬用美白クリーム」は45gで税込1,990円します。

しかし、濃厚本舗薬用ホワイトニングゲルは、容量150gで税込1,700円です。

コストパフォーマンスがかなり高いんです。中には、もっと高額な商品もありました。ヴェブレン効果を狙ったものだと思います。値段が高いからそれ相応の商品と思い込み、信用したり、安心してしまう。

パト
ブランド品や高級車がヴェブレン効果を利用した商法と言われています。

おまけ シミの治療はどうやった?

シミの治療は皮膚科や美容クリニックで行ったのではなく、自分でハイドロキノンというクリームを購入して処方しました。ハイドロキノンは市販の美容成分の10倍~100倍の効果があると言われています。

購入したのは「旭研究所のハイドロキノン5%」です。

しかし、刺激性が強く、副作用が出る可能性も高いです。

僕の場合、塗った箇所の皮膚が赤くなり、痒みが出ました。そして、皮膚がボロボロになり、剥がれ落ちました。これは口コミでちらほら見かけていたので、そこまで心配ではありませんでした。しかし、肌の赤味がなかなか引かず、職場の人にも、「それどうしたんだ?」と聞かれました。結局、2~3週間ほどで肌の赤味は引きましたが、かなり不安になりました。

気になる効果ですが、シミは完全には消えてはいないのですが、違いがわかる程度にシミが薄くなりました。YOUTUBEにも、その効果を公開されている方がいるので、参考にするといいと思います。

僕はシミが目立たなくなったので満足しているのですが、副作用が強いので、安易にオススメはできませんね。

もっと早くスキンケアしていればよかった

僕の友人(36歳)は、親の影響で幼いころから日焼け止めクリームを塗っており、未だに20代のような肌をしています。もちろん見た目も年齢よりも若く見えます。

僕はというと、最近になってようやく日焼け止めクリームを塗り始めました。小学生からずっとサッカーをしており、紫外線浴びまくりで、今は顔中シミだらけです。

スキンケアも資産運用と同じで、スタートが早いと圧倒的に有利です。しかし、今からでもまだ間に合います。しっかり自分と向き合って、スキンケアしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA