資産状況 2021年9月末

9月末の資産状況を確認しました。

資産状況

簡易まとめ

資産を簡単にまとめるとこんな感じです。

▶ 貯蓄・総資産額 4,521万

預金:354万
個人向け国債:500万
積立保険:51万
投資信託:3,113万
企業型DC(確定拠出年金):502万

先月は4,547万だったので、資産は26万円減りました。

パト
投資歴は11年目。

25歳で積立投資を知り、26歳ぐらいから月10万円の積立投資をしています。

▶ パトのプロフィール

36歳・独身・彼女無し
大手工場勤務・製造職(中途入社1年目)
年収約420万(夜勤あり・残業ゼロ)
母親と2人暮らし
最近ハマってること:サウナ・筋トレ・婚活

資産の内訳(詳細)

資産全体の割合としては、生活資金1%、無リスク資産19%、リスク資産80%となっています。

今月は特に大きな買い物があったわけではありませんが、先月比マイナス26万。資産が減った理由は、中国不動産大手、恒大集団の破綻懸念をきっかけに株価が急落したことです。中国不動産バブルはいますぐには崩壊しないようですが、何かきっかけさえあれば株価はまた下落します。第二、第三の急落には注意したいでところです。

リスク資産の詳細

僕の資産の大半はリスク資産が占めており、割合で80%。その中身を紹介します。

運用商品一覧

リスク資産(運用商品)の一覧です。

SBI証券で保有しているニッセイ国内債券とニッセイ外国債券を売却して、emaxis slim 米国株式を買い増ししました。

サブのSBI証券で保有している商品を売却し、保有商品のスリム化を進めています。

▶ 売却予定の商品
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド

アセットアロケーション

次は資産クラス別にまとめた表です。

株式の割合が72%、債券が21%、その他(不動産)が7%という内容になっています。

毎月の定額積立(約10万)の内容はこちらの記事に。

毎月の積立額と運用商品

2021年3月28日

まとめ

積立投資は資産が減ったときが、チャンス(仕込み時)です。ただ、一時的な急落なのか、下落トレンドなのか見極めないといけません。というか、それが見極めることができないから積立なんですけどね。買い増しのし過ぎには十分注意したいです。

淡々と積立投資を継続していきます。


お金の減らし方 [森 博嗣]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA