ノートパソコンの買い換え

ここ最近、ノートパソコンの故障が多く、手遅れになる前に買い換えすることにしました。

昨日もパソコンを立ち上げたら、液晶が全体的に緑になってしまいました。システムの復元を試みるもダメで、そのまま放置していたら直りました。液晶が真っ暗になってしまったら、もう手遅れです。

今使ってるノートパソコン

ソニーの「VAIO FIT15A」というノートパソコンを使っています。今もこのパソコンでブログを更新しています。

当時のハイスペックモデルで15万円ぐらいした気がします。購入してから5~6年経ち、キーボードと液晶の故障が目立つようになりました。起動や動作が遅いなど、使い勝手の問題はありません。

※一般的にノートパソコンの寿命は5年程度と言われています。

パト
10年は使うつもりだったけど、手遅れになる前に買い換えた方がいいかも

僕のパソコン選びの条件

以前の僕ならデザインとスペックを優先し、予算10万~15万ぐらいで検討していたと思います。しかし、今回はノートパソコンは消耗品という考え方で、コストパフォーマンスと丈夫さを重視して選びます。

パト
無駄な機能を省いて、少しでも価格を抑えたい
パトのパソコン選び
  • 絶対条件は価格10万未満(理想は8万円以下)
  • メーカーは気にしない
  • スタンダードノートタイプ(2in1は使わないし、壊れやすい)
  • 液晶サイズは15.6インチ以上
  • テンキー搭載(投資で数字の入力をよくする)
  • CPUはCore i5かRyzen 5以上
  • メモリは8GB以上
  • ハードドライブは500GB以上
  • タッチパネル非搭載がいい(タッチパネルは液晶が壊れやすい、そもそも使わない)
  • Microsoft Office ソフトウェアは無しでいい(エクセルしか使わない。Googleスプレッドシートで対応する)

今回注文したパソコンは?

主に、Dell(米国)、HP(米国)、Lenovo(中国)の3社の海外メーカーで比較しました。ASUS(台湾)もデザインがかっこよくて気になりましたが、最終的にDellの「Inspiron 15」に決めました。

Dell Inspiron 15(5515)


Dell公式直販 New Inspiron 15 (5515)

最大の特徴は、最新のCPU(AMD Ryzen 5000)を積んでいて価格が7万円台に抑えられていること。コストパフォーマンスに優れたモデルです。

購入価格は74,426円で、ポイントサイトのハピタスを経由して購入したので、実際はそこから2千円ほど安く購入しています。

このモデルのデメリットは、SSD(記憶装置)が256GBしか容量がありません。動画や音楽の保存はあまりできないでしょう。そこは、ポータブルHDDを購入して対応しようと思います。

バッファロー HD-TPA1U3-B 東芝製Canvio USB 3.0対応ポータブルHDD 1TB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA