メキシコの漁師とMBA保有の旅行者

有名な話なのでご存知の方も多いと思います。定期的に読み返したくなるので、自分のブログにもアップしておこうと思います。

メキシコの漁師とMBA保有の旅行者

元ネタは海外サイトだと思いますが、「Mexican Fisherman Meets Harvard MBA」とかで調べれば、数多くのサイトがヒットします。

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人の旅行者は、

「すばらしい魚ですね。どれくらいの時間、漁をしていたのですか?」 と尋ねた。

すると漁師は、

「2~3時間だよ」と答えた。

旅行者が、

「え?なんでもっと漁をして、たくさん魚を捕らないのですか?」

と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「じゃあ、余った時間は一体何をしているのですか?」と旅行者が聞くと、

漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタ(昼休憩)して。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって・・・ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者は真面目な顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得しているので、あなたにアドバイスしましょう。

あなたはもっと漁をする時間を長くするべきです。

そして余った魚は売り、お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくのです。最終的に大漁船団ができます。そうしたら仲介業者を挟まず、自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。

その頃にはあなたはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくでしょう。あなたはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとれます」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかい?」

「20~25年くらいでしょう」

「その後はどうなるの?」

「それから本当にすごいことになりますよ!!」

と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、あなたは億万長者になるでしょう」

「億万長者か・・・それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうですか?すばらしいでしょう?」

この話は、MBA保有の旅行者が、「お金を稼ぐ」ということに囚われてしまい、人生の本来の目的を見失ってしまったというブラックジョークです。

この話から、何をするためにお金が必要なのか?ということをよく考えないといけませんね。

あなたはどっち派?

この話を読んで、漁師派か、MBA旅行者派に意見が分かれると思います。

僕は仕事に生きがいを見出すことができず、長時間労働が大嫌いなので、気持ち的には確実に漁師派なのですが、現実的にはMBA旅行者派です。

僕は自己管理能力がかなり低いので、仕事をしていないと、すぐにダメ人間になります。GWやお盆休みなどの長期休暇は、いつもダラダラと過ごし、すぐに昼夜逆転生活。体重も2~3kgは増えてしまいます。いつもこんなん。

話の論点がズレてしまいますが、自由な時間を与えられても自分でコントロールできないので、何かしらの目標を持てるMBA旅行者の生き方が合っているのかな?と思ったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA