【質問回答】期間工から正社員になるためにしたこと

僕は大手自動車関連メーカーの期間工から正社員登用しました。そのことに関して、以下の質問がありましたので、回答したいと思います。

はじめまして、パトさん。
お休みのところ大変失礼します。
タケルと申します。

期間工へ応募し、正社員登用を目指すことを考えています。年齢は33歳です。

きろくがかりさんのご紹介でこちらのサイトへ伺わせていただきました。

パトさんが正社員を目指す上で取り組んだことをお教えいただきたいです。

最初から公言されたのでしょうか?
何回目の登用試験で採用されましたか?

公開できる範囲で構いませんので、何卒よろしくお願い致します。

知っている方もいるとは思いますが、メーカー名は伏せさせていただきました。雰囲気でわかるとは思いますけど、明言は避けておきます。

きろくがかりさん、紹介ありがとうございました。

Q1. 社員を目指す上で取り組んだこと

A. 自分が思いついたことは全部やりました。

改善提案の提出、忘年会などの飲み会へ参加、社内行事の参加など、やれることは全部やりました。他にも期間工のときに資格(危険物乙4、電気工事士、QC検定)を取得して、社員登用試験の履歴書に書いたり、面接でそのことを話しました。

ただ、後で感じたのですが、これらをやってもやらなくても、受かる人は受かるし、受からない人は受からないと思います。

結局は上司の推薦があるかどうかです。

もっと言えば、上司に気に入られるかどうかですよね。じゃあ、どうやって上司の推薦をもらうかって話になるんですけど、いかに上司に正社員になりたいという熱意が伝わるか、上司と仲良くなるか、その人の性格面(礼儀正しい、声が大きい、積極的、真面目、明るい、誰とでもコミュニケーションをとれる)が大きいのかな?と思います。

Q2. 社員を目指すことを最初から公言したか?

A. 最初から公言しました。

周りで社員登用した人は初めから公言している人が多かったです。

初めから公言していると、正社員の方に気に入られれば、いろいろフォローしてくれるかもしれません。同期の方で、改善提案の優秀提案のネタをリーダーからもらったという方もいました。僕の場合だと、課長とロッカーの近い社員の方が、僕が正社員を目指して頑張っていると話してくれたみたいです。

ただ、公言しておいて、「やっぱ仕事がきついから正社員になるのやめよ」ってなると、周りの社員や上司との関係が気まずくなりますね。

Q3. 何回目の登用試験で採用されたか?

A. 1回目です。

多くの社員登用者に話を聞くと、みんな1回目で合格したと言っています。やっぱりみんなその気で入社しているので、すぐに結果が出るのではないでしょうか?

でも、中には2回目という方もいました。

ちなみに、僕は1回目の試験で不合格になっていたら、もう諦めていたかもしれません。モチベーションを保つのが大変です。

まとめ

しっかりと目標をもって期間工をすることはいいことだと思います。

また、個人的なアドバイスですが、絶対に受かるとは限らないので、正社員になれなかったらどうするのか?ということも頭の片隅に入れておいて下さい。正社員になるには、配属部署や上司との相性、仕事内容など、運要素も大きいです。

何が何でも正社員になるんだ!という気持ちも大切ですが、不合格だったときに現実を受け止める冷静さも必要だと思います。

是非、頑張ってください。