【読書】人生あきらめ戦略 プロ奢ラレヤー

プロ奢ラレヤーのあきらめ戦略 お金に困らず、ラクに、豊かに生きるには」という本を読みました。

プロ奢ラレヤーさんのTwitter

簡単にまとめると、「人生、何かあきらめれば楽に(豊かに)なれますよ」って内容です。

「あきらめる」の数だけ人生は豊かになる。

以前、読んだことのある本、為末大さんの「諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない」の内容に少し似ているところがありますね。

あきらめ戦略

人生取捨選択

人生は夢いっぱい。しかし、何もかも手に入れるのは不可能に近い。何か得たければ、何か捨てる必要もある。だから、人生は取捨選択がとても重要ってこと。

一般的に、「あきらめる」というとネガティブな印象が強いのですが、本当に大切にしたいものを守るために、あきらめるという選択がある。

例えば、トップアスリートになるには、幼少期から圧倒的な練習量が必要です。そのため、学生時代に友人と遊ぶ時間、テレビを見る時間、スマホゲームを楽しむ時間など、多くの人がしているであろうことをあきらめる必要があるでしょう。

「あきらめる」という選択肢を持つことが大事

「あきらめる」という選択肢を用意しておくだけで、これからの人生が圧倒的に生きやすくなる。「なんか人生しんどいな」って感じている人は、その生き方が合っていないので、どんどん「あきらめる」を許容した方がいい。

仕事が辛すぎる、鬱になりそうだって人は、もっと楽に生きるために、仕事をあきらめる(退職する・転職する)という選択も必要ってことです。

あきらめることを味方につけることで、人生は豊かになる。

まとめ

僕は大卒でメーカーの技術職として就職しましたが、激務についていくことができず、3年で退職しました。その後、転職する際に大卒の仕事はもう諦め、工場作業員として生きてくことに。

僕みたいに「人生でつまずいた人」、「もう生きるのがしんどいって人」にオススメの本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA