【合格】社員登用試験

先日、Twitterのアカウントを削除しました。最後のツイートで一部の方にはお伝えしたのですが、ある目標を達成しました。

※詳細についてはもう少し月日が経過したら記事にしようと思います。

社員登用試験 合格 することができました。

正式には準社員選考試験に合格しただけで、まだ正社員になれるとは決まってきません。数カ月の試用期間ののちに、社員登用面接があります。

可能性を信じてやれることをやってきた

今まで社員登用のために我武者羅に突っ走ってきました。

目標を立てたときには、ブログにはたくさんの批判コメントをもらいました。

「お前には無理」「現実逃避してるだけ」「愚かな選択」

リアルな友人にも理解されることはなくあれこれ言われました。

リスクをとらないと人生を大きく変えることはできない。

安定した生活を送っている人にはそれがわからないのです。

人がなかなか成長しないのには理由がある。

たいていは今あるものを壊すのが怖い。

今あるもののメリットを感じてしまう。

与沢翼

しかし、リスクをとれば必ずリターンが得られるほど人生は甘くない。社員登用までの道のりは決して平坦なものではなかった。

  • 健康診断で不合格になり、2日で退職。悔しくてその夜泣いた。
  • 社員登用者の少ない部署に配属になり、自分の運の無さを嘆いた。
  • 絶対に受かると思っていた国家資格に不合格。履歴書に記載できなくなった。
  • 社員登用試験がコロナウイルスの影響で中止になった。社員になるのはもう無理かもしれないと諦めかけた。
パト
それでも可能性を信じて、やれることは全てやってきた。

正社員になったら勝ち組なのか?

正社員になれたからと言って、決して勝ち組なんかではありません。

正式に正社員になっても、給料は増えません。むしろ、数年間は減ると言われています。しかも、やること(教育、QC活動、組合、役員など)は増え、仕事に費やす時間は増えるでしょう。それらを考えると実質的な時給は下がります。考え方によっては、期間従業員の方が勝ち組説だってあります。

何を持って人生勝ち組と言うのかは、その人の考え方や価値観によるものなので何とも言えませんが、僕は30代で期間工から正社員になっても、正直厳しい道しかないと思っています。

正社員になってようやくスタート地点に立てたという思いを持ち、今まで以上に努力していきたいと思います。

パト
勝ち組だなんて思ったらそこで成長が止まる