【期間工】住民税いくら払ってる?

毎年6月になると住民税決定通知書が届きますね。

パト
「あなたの去年の年収は〇〇万円だったから、今年の住民税は△△円ね」というお知らせです。

住民税は前年の年収によって額が決まり、6月から翌年5月の1年間にかけて住民税を支払う仕組みになっています。

僕は節税目的で、個人型確定拠出年金(iDeCo)や生命保険に加入しているので、住民税の額はとても気になるところです。

期間工パトの住民税

住民税はいくら?

僕の2019年の給与収入(年収)は413万円でした。

パト
2019年は無職の期間(1ヶ月未満)があります。

給与所得(年収から給与所得控除を差し引いた金額)は276万円です。

そして、所得控除が社会保険料が69万、生命保険が2.8万、基礎控除が33万の、計105万。個人型確定拠出年金(iDeCo)や生命保険に加入しているので、一般的な独身の期間工の方よりも控除額が多くなってるはずです。

そこから計算された僕の住民税の納付額は、

年間174,300円

今月6月の給料から月々約14,500円が給料から差し引かれていきます。

節税の効果は?

個人型確定拠出年金(iDeCo)や生命保険に加入しているので、控除額が多くなり、住民税が安くなっているはずなのですが、あまり安くなっていない気がします。

いろいろ調べましたが、去年はデンソー期間工からトヨタ期間工に転職しているので、その兼ね合いもあるのかもしれません。デンソー期間工時代の給与明細がないので調べることができませんでした。直近2年間分の給与明細はしっかり保管しておかないといけませんね。

来年の住民税もしっかり確認したいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA