【正社員登用】トヨタ期間工から正社員になるには?

まだ正社員登用試験を受けていませんが、少しだけ正社員登用について記事にしてみたいと思います。※僕の推測が含まれています。

正社員登用試験の基本情報

受験資格

  1. 1年間、期間従業員として勤務する事
  2. 職場の上司から推薦をもらうこと

デンソーなどの部品メーカーは半年で正社員登用試験を受けることができますが、トヨタは1年間勤務しないといけません。よって、満了までにチャンスは3回あります。

また、正社員登用試験を受ける希望があれば、大抵上司(組長)から推薦してもらえるようです。

スケジュール

これは他の期間工サイトで得た情報ですが、

1月、4月、7月、10月の年4回行われるようです。

僕はタイミング的に、4月か7月に試験を受けることになりそうです。

正社員になるためのポイント

運も必要(景気の状況や配属部署など)

当然、正社員登用の決定権は人事部にあります。会社経営において最も経費がかかるのは人件費と言われており、やみくもに正社員は増やしません。人事が「景気の見通しが悪いから、今年は正社員登用は少なめにしよう」と判断すれば、社員登用は難しいと思います。

また、人事部は将来の工場の稼働率や人口ピラミッドなどから採用計画を立て、正社員登用させる人数を決めています。人の入れ替わりが激しい部署(キツイ工程)や、今後需要が高まる部署(燃料&電気自動車関係)、残業が多い部署(売れ行きが好調な車種を生産しているライン)は正社員登用されやすいと思います。

人事を動かすことができるのが課長

正社員登用の決定権は人事にありますが、人事は現場のことまではわかりません。現場を管理している責任者は課長になるので、課長に何かしらのアピールをすれば正社員登用の確率が高まります。

トヨタの役職

期間工 < 社員(一般、EX、TLなど) < 組長 < 工長 < 課長 部長

組長や工長には、期間工の正社員登用の決定権はないようです。あくまでも推薦することができるだけ。

筆記試験や面接はそこまで影響はない?

まったく影響はないとは言えませんが、正社員登用の合否は、課長の権限で既に決まっているように思えます。

ただ、やはり最終的な決定権は人事にあるので、いくら課長からの推薦があっても、筆記試験の結果があまりにも酷かったり、面接で非常識的な発言をするなど、人事に不適切な人材と判断されたら、社員登用できないかもしれませんね。

どうやって期間工が課長にアピールするか?

コツコツ真面目に仕事に取り組むしかないと思います。

真面目に仕事に取り組む
  • 正社員登用の意思があることを早めに申告する
  • 無遅刻、無欠席、無早退、無事故、無災害
  • 身だしなみ、挨拶、保護具の着用、指差し呼称、ルールを守る
  • タクトに間に合う、ミスしない、不良品を流さない、報連相
  • 職場の社員や上司とのコミュニケーション
  • 改善提案の提出
  • 社内イベントに参加

これらの積み重ねによって、職場からの信頼を築き上げます。そうすることによって、工長や組長を経て、課長の耳にいい噂が届くのだと思います。

組長:「〇〇はよく頑張っている」

工長:「〇〇は根性がある。キツイ工程でも文句も言わずにやってくれる」

課長:「そうか、〇〇を社員登用させよう」

みたいなイメージです。あくまでも僕の推測ですけどね。

 

期間工から正社員になるための情報をお待ちしております。

  • 期間工から正社員になった人はこんな人だった。
  • 不合格する人の特徴。
  • 何歳の人が採用された。

など、期間工の正社員登用についての情報を募集しています。

トヨタ自動車 期間従業員募集

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA