トヨタ期間工から正社員になるには?

正社員登用試験に合格した僕が、どうしたら期間工から正社員になれるのか、僕なりの考えをまとめてみました。

正社員になるためのポイント

受験資格を得る

  1. 1年間、期間従業員として勤務する事
  2. 職場の上司から推薦をもらうこと

デンソーなどの部品メーカーは半年で正社員登用試験を受けることができますが、トヨタは1年間勤務しないといけません。その理由はわかりませんが、予想としてはこんな感じでしょうか?

  • 半年で正社員に相応しい人間か見極めるのは難しい
  • より長く期間工として勤務してほしい
  • 正社員登用試験の回数を減らしたい

また、正社員登用試験を受ける希望があれば、大抵上司(組長)から推薦してもらえます。受験資格を得るのはそこまで難しくありません。

運も必要(景気の状況や配属部署など)

会社経営において最も経費がかかるのは人件費と言われており、やみくもに正社員は増やしません。人事部は将来の工場の稼働率や人口ピラミッドなどから採用計画を立て、正社員登用させる人数を決めています。また、人事が「景気の見通しが悪いから、今年は社員登用は少なめにしよう」と判断すれば、社員登用の枠は少なくなってしまいます。

以下のような部署に配属されたら、正社員登用されやすいでしょう。

  • 人の入れ替わりが激しい部署(キツイ工程)
  • 残業が多い部署(売れ行きが好調な人気車種を生産しているライン)
  • 今後、需要が高まっていく部署(工場拡張の話がある、新規ライン増設)

課長が重要人物

正社員登用の決定権は人事にありますが、人事は現場のことまではわかりません。現場を管理している責任者は課長になるので、課長に何かしらのアピールをすれば正社員登用の確率が高まります。

トヨタの役職

期間工 < 社員(一般、EX、TL、SX) < 組長 < 工長 課長 < 次長< 部長< 工場長

とにかく真面目に働く

ここが唯一期間工が努力できる部分です。

真面目に仕事に取り組む
  • 正社員登用の意思があることを早めに申告する
  • 無遅刻、無欠席、無早退、無事故、無災害を目指す
  • ルールを守る(身だしなみ、挨拶、保護具の着用、指差し呼称など)
  • タクトに間に合う、ミスしない、不良品を流さない、報連相
  • 職場の社員や上司とのコミュニケーション
  • 創意工夫を毎月2枚以上提出する(最低1件、目標2件、理想3件以上)
  • 積極的に社内行事参加する

これらの積み重ねによって、職場からの信頼を築き上げます。そうすることによって、工長や組長を経て、課長の耳にいい噂が届くのだと思います。

組長:「〇〇は改善提案をたくさん提出して頑張っている」

工長:「〇〇は根性がある。キツイ工程でも文句も言わずにやってくれる」

課長:「そうか、人事に話をしておくよ」

みたいなイメージです。あくまでも僕の推測ですけどね。

ライバルは正社員

僕が現場の上司から言われたことは、

上司
正社員になりたかったら、周りの社員と同じように働いていたらダメだぞ。あいつ等よりテキパキ仕事しないと。

期間工という身分なので、異常処置など、正社員と同じ仕事はできませんが、頭を使うことはできます。次にどんな仕事があるのか先読みして、指示待ち人間ではなく、自ら動ける期間工を目指しましょう。

筆記試験や面接はそこまで影響はない?

まったく影響はないとは言えませんが、正社員登用の合否は、現場(課長)の権限で既に決まっているように思えます。

ただ、やはり最終的な決定権は人事にあるので、いくら課長からの推薦があっても、筆記試験の結果があまりにも酷かったり、面接で非常識な身だしなみや発言をするなど、人事に不適切な人材と判断されたら、社員登用できないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA