世の中そんなに甘くなかった

34歳非正規社員。現在、大手自動車メーカーで非正規労働者として働き、そこから正社員登用を目指しています。

今日、社内マラソン大会の選手の発表があったのですが、僕は選ばれませんでした。

僕は小中高と運動部で、社会人になってからも何かしら運動を続けていたので、割と自信はある方でした。前回の練習でも、「フォームが綺麗。何かスポーツしてたの?」と聞かれるなど、評判は上々でした。

自信があっても、選手に選ばれなかった

⇒自分では上手くいくと思っていても、そうはいかないことがある

実力以外にも、いろいろな力(正社員か非正規か、勤続年数、人柄、コネクションなど)が働いているのです。世の中そんなに甘くないということを改めて実感しました。

もし正社員登用試験だったら?

「もしこれが社内マラソンではなく、正社員登用試験だったら?」と考えたら、急に怖くなりました。

先日読んだ本、「チーズはどこへ消えた」から学んだように、正社員になれないというリスクに、今からもっと真面目に取り掛からないとダメだ。

ねずみと小人の違い

2019年9月24日
「チーズはどこへ消えた」からの教訓(非正規バージョン)
  1. 変化は起きる(正社員の可能性は突然消える)
  2. 変化を予期せよ(正社員になれないことに備えよ)
  3. 変化を探知せよ(常に正社員になれるか状態をチェックせよ)
  4. 変化にすばやく適応せよ(正社員を早く諦めれば、それだけ新しい人生を楽しむことができる)

⇒早い時期に小さな変化に気づけば、やがて訪れる大きな変化にうまく適応できる。

正社員になる努力や取り組みも大事だけど、なれなかったときの準備も同時に進めていかねばならない。どんなことをしなければいけないのか、マジで考えて行動に移していこう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ