一般人は時間でお金を稼ぐ

今、「お金の哲学」という本を読んでいるのですが、期間工(非正規)の僕にとって、グサっと刺さるような言葉がありました。

これです。

一般人は、時間でお金を稼ぐ。

小金持ちは、運でお金を稼ぐ。

大富豪は、仕組みでお金を稼ぐ。

ほとんどの人は何も疑問に思うことなく、時給(月収)でお金を稼いでいます。

PATO
え?それが普通でしょ?当たり前じゃん

しかし、時給でお金を稼ぐということには、3つのデメリットがあります。

時給でお金を稼ぐ3つのデメリット

稼ぎに限界(上限)がある

商品が「自分の時間」である限り、稼ぎに限界(上限)があります。基本的にお金を稼ぐには残業するしかありません。しかし、1日は24時間しかないので、絶対的な上限があります。

時給2,000円の仕事を一日12時間すると、日給24,000円になります。仮に休むことなく365日働き続けたとすると、年収は876万円が限界となります。

機会損失に繋がる

自分の時間を売りすぎると、機会損失に繋がる恐れがあります。仕事に追われて、自己投資ができない。仕事をし過ぎて、健康を失う可能性がある。プライベート時間が少ないので、人生を楽しめない。

買手市場なので単価が安い

時間売りのマーケットは、買手市場なので単価が安いです。単価は経営者が決めるからです。また、安い海外の労働力や人工知能の発達によって、市場そのものが無くなる可能性もあります。

参考文献:大富豪が実践しているお金の哲学

期間工(非正規社員)の立場から考える

期間工は自分の時間を売る仕事

期間工の商品は、「自分の時間」です。ぶっちゃけ、期間工の仕事は経験や知識は必要ありません。誰でもできるような単純労働。得るものは何もないです。3年働いたら、年齢が3歳増えるだけ。自分の時間を犠牲にして、お金に変えているのです。

それ故、転職も不利になります。ある30代の期間工ブロガーの方が、期間工を卒業してからの進路に大変苦戦していました。

自ら何もしなければ・・・人は

ただ歳をとった子供でしかない

っていうこと

期間工ブログのインフレ

最近、期間工ブログのインフレがすごいです。YOUTUBERになる期間工の方も多くて、その行動力に驚いています。みんな期間工の給料だけではなく、自分の力で稼ごうとしています。期間工に限らず、最近はそういう方が本当に多いですね。この本がとても売れてるみたいです。

転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

僕もいい刺激をもらっており、焦りも感じています。本気でお金を稼ごうとしている人には絶対に勝てません。

PATO
俺も頑張らないとな・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

2 件のコメント

  • Youtubeの世界はブログ以上に難しく早くも放置気味な私です。。。ここだけの話、私の低クオリティ動画でも撮影編集で1本5時間くらいかかってます(笑)慣れれば早くなるのでしょうか。。。

  • キカン・コーシさん

    結果はどうであれ、行動に移したことはもっと評価していいと思います。やるかやらないかの差は大きいです。YouTubeに限らず、新しいことに挑戦するその姿勢は、本当に大きな武器だと思います。