第二種電気工事士に挑戦

2019年6月に危険物取扱者乙種第4類の資格を取得しました。この勢いに乗って、次は第二種電気工事士の資格(国家資格)に挑戦しようと思っています。

第二種電気工事士を取得する理由

前職の頃から電気工事に興味があった

僕は期間工になる前は中小工場で働いていました。そのとき、自分の職場に100Vのコンセントを増設したかったのですが、配線の仕方がわかりませんでした。そこで保全の人にやり方を聞いたのですが、自分の電気の知識が無さ過ぎて、その保全の人にボロクソに言われた悔しい過去があるのですwww その人を見返したくて、電気の勉強をしようと思った時期がありました。

ほとんど残業がない部署に配属になった

現在、トヨタ期間工として働いているのですが、残業がほとんどない部署に配属になってしまいました。多くの期間工の方は毎日残業してお金を稼いでいるのに、僕はというと・・・。せっかく定時帰宅できるので、その時間を有意義に使いたいと思いました。

今のままでは何もスキルが身につかない

現在、僕が担当している仕事が危機感を感じるほどの単純作業ですwリアルガチで何もスキルが身につきませんデンソー期間工の時は覚えることが多く、こんな危機感を感じませんでした。仮にトヨタ期間工を最大2年11ヶ月続けたとしたら、「俺はこの3年間一体何をしていたんだ?」ってなると思うw

社員の方も資格をもっている

会社(トヨタ自動車)の掲示板に資格取得者の名前の一覧があって、第二種電気工事士の資格を取得している方が十数名いらっしゃり、それも刺激になりました。中には第一種の資格を取得されている方もいました。

資格取得までのスケジュール

第二種電気工事士試験の日程です。

  • 筆記試験 10月9日
  • 実技試験 12月7日 or 8日

ネットを見ると、勉強期間は2~3ヵ月は必要とのこと。余裕を持って、4ヵ月前から始めようと思います。となると6月から勉強を開始したい。

ちなみに、受験料はインターネット申し込みで9,300円です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

2 件のコメント

  • PATO様

    私も電気工事士を40歳でとりました。
    メリットは、(ぞくに云う)潰しがきく、自信と(少し)余裕が出来る、社会的にも一定の評価が付く等でしょうか。

    取っておいて良い資格ですよね。

  • 三太郎さん

    僕も自信がつく、社会からの一定の評価が得られる、この2点のメリットを得るために頑張っています。
    仕事では電気工事をすることはまずありませんが、漏電、接地、地絡などのワードは仕事で出てきます。
    知ってると知らないでは、仕事をする上での理解度の違いに繋がりますからね。