トヨタ期間工あるある

トヨタ期間工あるある 言いたい~♪

トヨタ期間工あるある 早く言いたい~♪

全てはここから始まった

トヨタ期間工の面接に合格すると、まず全員、第2聖心清風西寮に入寮します。ここで健康診断や書類手続きを行い、それから配属が決まります。トヨタ期間工の物語はここから始まるのです。言わば、トヨタ期間工の聖地。

※ちなみに、この道路をまっすぐ進むと左手にファミリーマートがあります。これからトヨタ期間工になる方は覚えておいて損はないです。

田原工場は敬遠しがち

トヨタ期間工になってからの最大の関心事は、自分がどこの工場に配属になるか。田原工場だけは愛知県の外れの方にあり、みんな敬遠します。陸の孤島、田原刑務所なんて比喩されています。

↓田原市にある白谷海浜公園。南国の雰囲気で僕は好きですよ。

作業ズボン選びに迷う

トヨタ自動車は指定の作業着は上しかありません。作業ズボンは自分で用意する必要があります。

工場がデカすぎる

車を作る工場なので、敷地がとにかく広い。工場に配属されてから1週間は自分がどこにいるのかわからなくなります。

職場の雰囲気が体育会系

職場の雰囲気が他社の工場(デンソーやアイシンAW)とは違います。上司との垣根が少なく、学生時代の部活動のような雰囲気があります。

※トヨタは組ごとに、詰所という小さい事務所にみんな集まります。部室みたいなもんです。そこで一つのテーブルを囲って、ミーティングなどを行います。だから、アットホームというか、仲がいい雰囲気なのだと僕は思います。ちなみに、デンソーとアイシンAWはみんなバラバラに休憩します。

22時にはもう寝ます

トヨタ自動車の一直(昼勤)の始業時間は6時25分です。朝がとても早いのです。

プライベートでも指差し呼称

トヨタ自動車は、工場内の道などを渡る際、指差し呼称で左右の確認をすることを奨励しています。これが習慣化してしまうと、プライベートでも指差し呼称してしまいそうになります。

休憩が短く感じる

工場が大きいゆえに、休憩室まで割と歩きます。移動に時間を取られるため、休憩時間が短く感じます。

組長が現場で作業すると、レジェンド感がある

トヨタ自動車は組長(一般企業で言う係長?)も現場で作業をすることがあります。それを初めて見ると驚きます。サッカーの試合で例えると、監督が途中から試合に出るようなイメージです。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA