トヨタ期間工のここがしんどい?

前回、デンソー期間工からトヨタ期間工になって、幸福度があがったという趣旨の記事を書きましたが、いいことばかりでもありません。

僕が思うトヨタのデメリットは・・・

やっぱり作業はきついよ

大方、インターネットに書いてある通りです。やはり製品が大きくて重いので、肉体的に作業は大変です。僕の場合、背中がバキバキになりました。スポーツをした後のような即効性のある筋肉痛ではなく、ジワジワと痛むような筋肉痛です。

僕は元運動部で体を動かすことが好きで、また工場労働歴が長いので大丈夫ですが、そういう経験がない方できつい部署に配属されたら、慣れるまでは大変だと思います。

ちなみに、前職のデンソーは部品が軽いから作業が楽と安易に言われますが、覚えることがとても多かったり、仕事のミスをすると、数十~百万の損害に繋がったりと、肉体的には疲れませんが、別の大変さがありますね。

個人的には検査の仕事の方がきついかも

一般的に検査の仕事は楽と言われますが、作業が単純過ぎてすぐに飽きてしまいます。そして、時間が経過するのが圧倒的に遅く感じます。これが本当に苦痛。消費エネルギーも少ないので、筋トレにもなりませんし、僕はメリットを感じないですね。

休憩時間が短くて、休んだ気がしない

工場が大きいので、作業場所から休憩室(詰所や喫煙所)まで割と歩きます。もちろん配属部署の場所にも寄りますが、僕の職場は少し距離があります。しっかり計測したわけではありませんが、片道1分半ぐらいはあるでしょうか。また、保護具(保護メガネ、腕カバー、軍手、ヘルメットなど)の取り外し、保護具の取り付けの時間もあります。

それを踏まえると、休憩時間は10分ですが、実質休めるのは6分程度・・・。全然休んだ気がしません。

  1. 保護具取り外し 30秒
  2. 移動 1分半
  3. 休憩 6分
  4. 移動 1分半
  5. 保護具取り付け 30秒

トイレに行ってしまったら、ほとんど休憩する時間はないですね。

残業前の休憩がない(昼勤)

残業前に休憩がないのもきついです。デンソーは残業前に15分休憩があるのですが、トヨタは1時間未満の残業のときは、ぶっ続けで残業時間に突入します。

休憩を取らない分、早く帰宅できるというメリットはありますが・・・。ちなみに、アイシンAWもトヨタと同じシステムだった気がします。

食堂の値段が高い

ネットにトヨタの食堂は不味くて値段が高いという書き込みがあり、それを信じていました。しかし、実際に僕が配属された工場の食堂はそうでもありません。決して不味いことはありません。

ただ、やっぱり値段が割高です。普通にお腹いっぱい食べたら、500~800円ぐらいはいきますね。社員食堂なのだから、もっと割安にしてほしいです。これではお金が貯まりません。

 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ