トヨタ期間工 健康診断クリア

半年前、トヨタ期間工の面接に合格するも、まさかの健康診断で就業不可通告を受けてしまいました。原因は腰痛です。そのため、デンソーで半年間働いていました。

半年間という期間が空いてしまったので、また面接からやり直しだろうなと思っていたのですが、電話で確認したら、医師の診断書をFAXで送ってくれれば入社案内を送付するとのことでした。

知らないと損する トヨタ期間工に応募

再びトヨタへ 2回目の赴任

トヨタ期間工の面接に合格すると、まず受け入れ教育というものがあり、トヨタの寮に全員入寮します。日曜の夕方に入寮して、木曜の朝までその寮で過ごすことになります。田原工場配属の方は水曜日の朝までだったかな?

今回は約40人ぐらいの方が同期として入寮しました。前回、健康診断で不合格になったときも40人ぐらいでした。ちなみに、女性は3~4名ほどで、割合で言うと10%未満ですね。

悪夢の健康診断

赴任して、初日(月曜日)に健康診断があります。

前回の不合格になったときの記録がしっかり残っており、看護師との面談で「確認のために産業医の先生と面談しましょうか?」と言われてしまいました。産業医との面談になると健康診断で不合格になる確率が高まります。

そして、悪夢が蘇る・・・

PATO
え?まさかまた不合格になるんじゃ・・・?いや、そんなわけがない!俺には医師の診断書というスペシャルカードがあるんだ!でも、また落ちたらどうしよ・・・

産業医と面談になったのは僕だけではありません。バネ指でひっかかってしまった方、皮膚に何か異常があった方もいました。

そして、僕の名前が呼ばれて、産業医との面談へ・・・

産業医:「専門医の診断書をもらってきたんだね?腰の調子はどう?作業は問題なさそう?」みたいなことを聞かれただけで、すぐに終了しました。

PATO
え?終わり。大丈夫だよね・・・

無事合格!

健康診断で不合格になる人は、翌日の確後、教育会場で何かの説明を受けているときにわかります。突然、後ろから講師に肩をトントンと叩かれ、別室へ連れていかれるのです。←経験済

ビクビクしながら講師の説明を聞いていたのですが、一人の方が講師の方に連行されていきました。もう二度とこの教育会場に戻ってくることはありません。空白になった席が哀愁を漂わせます・・・

「次は俺か・・・次は俺か・・・」

と恐怖を感じていたのですが、結局、不合格になったのはその方一人だけでした。

 

よっしゃー!トヨタ受かったぜぇぇぇーーー!!!!!

 

嬉しくて、マジで泣きそうになりましたwww

健康診断のポイント

トヨタ期間工は、腰痛でもバネ指でも受かる

受け入れ教育のときに僕の隣の席だった方は、腰痛でも合格していました。バネ指で産業医と面談になった方も合格していました。あと、僕と同じ工場に配属になった方は、「腰椎分離症」という、小中学のときに運動部に所属している方がなりやすい腰痛でも合格していました。

ただ、前者の二名の方は自動車メーカー経験者(日産とトヨタ)。また、腰椎分離症の方は20代で車の整備に関する仕事をしていた方です。

腰痛でもバネ指でも、トヨタ期間工は受かる場合があるってことです。

じゃあ、なぜ僕は不合格になったのか?

僕の職場に新しく期間工として配属された方(30後半)も、一度健康診断で不合格になってしまったようです。理由は僕と同じ腰痛です。その方にいろいろ話を聞いたら、僕と同じ共通点がありました。何かしら作業に不安を感じていると、不合格になる可能性が高まるようです。

僕の場合は、前職で腰を痛めた経験がある。だから、腰に負担のかかる作業は不安だと看護師に言ってしまったのです。それで事が大きくなり、不合格になってしまいました。

健康診断で不合格になると、時間と労力の無駄になります。なにより、精神的ダメージがデカいです。しっかりと準備して期間工の健康診断に臨みましょう!

 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA