ばね指になった

デンソーで期間工として働いているときにばね指(腱鞘炎)になりました。

ばね指になるまで経緯

原因は人員不足

期間工の満了者が増え、人手不足の状況が続いていました。年末という時期もあってか、期間工の新人も入ってきませんでした。当然、そんな状況でも生産量は減らないので、一人辺りの作業量が増え、各工程からは「もう無理w 間に合わん」、「マジきっついw」と、悲鳴の声が上がっていました。

僕の工程(指先をメインに使う作業)もベテラン期間工が満期で退職し、作業者が補充されませんでした。

指に違和感が・・・

火曜日に作業中にたまに指が痺れることがありました。特に気にしていなかったのですが、金曜日、寝て起きたら指に違和感を覚えました。

症状

  • 指がうまく動かせない。(力が入らない。つっぱりを感じる)
  • 指や指の付け根が少し腫れているような気がする。熱感がある。
  • ジリジリと麻痺しているような感覚がある。

これはばね指(腱鞘炎)です。前職のときになったことがあるのですが、さらに症状が酷くなると、指がカックンと曲がるばね現象が起きるようなります。

ばね指(腱鞘炎)とは?

指の付け根で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が起こると、“腱鞘炎”になり腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、

指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。

朝方に症状が強く、日中は使っていると症状が軽減することも少なくありません。 進行するとばね現象が生じて“ばね指”となり、

さらに悪化すると指が動かない状態になります。

ばね指(弾発指)

ばね指になってしまったら

早期に異変に気づいたなら、意識的にその指を使わないようにしましょう。作業方法の見直しで、症状がよくなる可能性があります。日常生活でも、なるべくその指を使うのは控えましょう。

しかし、明らかに指に違和感を感じたら、すぐに上司に報告し、作業を中止しましょう。ばね指の原因は、指の使いすぎによる負荷が原因です。だから、指を休ませることが最大の治療法なのです。僕は二週間ほどで作業復帰しました。

「我慢すれば大丈夫」は非常に危険!

僕は、人手不足の状況で怪我をしたから作業ができない」なんてとても言い出しにくかったです。その結果、「我慢すれば作業はできる」、「激痛ではない」と作業を少し続けていました。

しかし、その考えは危険です。

ばね指は慢性化すると、指を切開しないと治らなくなります。つまり、外科手術の必要があります。

あなたの代わりの人間はいくらでもいます!だけど、あなたの指は一つしかないのです!

 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA