底辺の99%は一生底辺のまま

YOUTUBEのセミナー動画をみていたのですが、グサッときました。

 

底辺の99%は一生底辺のまま

 

という内容でした。

 

底辺に属する人達は、人生に一発逆転があるように思えているようだが、

 

まずない。99%ない!

 

とセミナーの講師は断言しています。

「周りの人達がしていないこと」をしない限り、底辺は横にしか移動できない。つまり、底辺から底辺に移動するだけ。上の階級に上がることは決してできない。

日本の階級社会

下図は自然の生態系ピラミッド図ですが、日本の階級社会と同じようなもんです。

  1. 高次消費者(資本家階級):官僚(国家公務員)、政治家、経営者、役員
  2. 第一次消費者(中間階級):管理職、専門職、上級事務職
  3. 生産者(労働者階級):正規労働者(事務、販売、サービスなど)
  4. 分解者(アンダークラス):非正規労働者(派遣社員、フリーター、パート)

僕は自然界で言うと、ミミズやダンゴムシ、何かの幼虫と同じレベルってこと。これが現実です。

底辺が這い上がれない理由

それは、底辺の99%の人間は

 

勉強しないからです。

 

100人に1人ぐらいしか勉強する人間は現れない。

 

数年前、「社会の底辺の人とは関わってはいけない」という記事を書いた、ある女性のブログが炎上しました。ここで言う底辺の人間とは、「フリーター、非正規社員、派遣社員、飲み屋、風俗嬢など売春婦」などを指します。

なぜ底辺の人と関わってはいけないのか?その理由は、第一に頭が悪いから。第二の理由は貧乏だから」とおっしゃっていました。どう感じるかは人それぞれだとは思いますが、あながち言っていることは間違いではないと僕は思いました。

僕も底辺の非正規社員

最後に、そのセミナー動画のコメント欄に、こんな書き込みがありました。

僕も日雇いアルバイトをしていますが、周りは勉強もしないで稼いだ金をギャンブルや遊びに使う事しかしてません。そこにいると自分がダメになっていく感覚になります。早く抜け出して新しい事を始めたいと思います。

僕も期間工という非正規社員という身分ですが、動画を見て、彼と同じような気持ちになりましたね。

ちなみに、こちらが僕が見た動画です。「キミアキ先生の起業酔話」。オススメです。

2 件のコメント

  • いつも楽しく拝見しています。

    私がこれまで、ブログを読んで感じたことを書かせてもらいます。
    PATOさんの場合、組織の中で働くことはあまり向いていないように感じます。

    今後、めでたく正社員になったとしても上と下の板挟みになり、生真面目で感受性の強いPATOさんなら自分を失ってしまうような気がします。

    個人的には、これまで通りある程度の手取りが期待できる職場で、コツコツ資産を増やしていきインカムゲインで生活することを目標にされた方が、PATOさんらしい人生を歩めるかもしれません。

    もちろん「結婚して家族を養っていくんだ!」という決意があるのであれば、正社員として安定した生活を目指すべきでしょう。

    私の個人的な願望では、フリーランスのFPのような立場で若年層の資産形成のアドバザー的な仕事をしてもらいたいです。(PATOさんの情報発信能力では十分に可能だと思います。)

    以上、勝手なことをつらつらと書いてしまいました。
    的外れな意見かもしれませんので、コメ欄に反映させなくても全然OKです。

  • Eijiro Tanakaさん

    >>個人的には、これまで通りある程度の手取りが期待できる職場で、コツコツ資産を増やしていきインカムゲインで生活することを目標にされた方が、PATOさんらしい人生を歩めるかもしれません。

    まったく同じことを考えていました。ただ、それを記事にすると馬鹿にされそうなので記事にしませんでしたW

    大企業で期間工として働いてみて、僕が思っていたイメージとは少し異なっていました。Eijiroさんが言うように、上と下の板挟みになるなど、問題が多々あるように思えます。今の職場の正社員は見ていて辛そうです。本当に上(班長や技術員)からの指示と現場の板挟み状態です。(人手不足で現場を回さないといけないに、上からの指示の仕事もこなさないといけない。さらに、残業は法令遵守できっちり決められており、オーバーすると怒られる)

    そこで、方向転換して、やや小規模の企業の求人情報をちょこちょこ調べたりもしていたんですよ。しかし、次に受ける予定の期間工の企業は他の会社よりも少し思い入れがあり、やっぱり一度でいいから働いてみたいという気持ちがあります。正社員登用は年齢的に厳しいというのもありますが、「とにかくやってみる」の精神で挑みたいと思います。

    >>私の個人的な願望では、フリーランスのFPのような立場で若年層の資産形成のアドバザー的な仕事をしてもらいたいです。(PATOさんの情報発信能力では十分に可能だと思います。)

    僕のブログのリンク先のイケダハヤトさんの影響を受けて、もし期間工から正社員になれたら、YOUTUBEで情報発信するなんて面白いかなと考えていました。これからはブログよりも動画の時代なんだそうです。ただ、それ一本で生涯生活していくのは難しいと考えています。