コメントの返信

僕は中小工場を退職して、期間工A社に入社しました。しかし、健康診断で不採用になり、現在は期間工B社で働いています。そして、B社で正社員を目指すつもりだったのですが、断念するかもしれないという記事を先日書きました。

期間工 正社員断念。半年で満了か

コメントをいただきました

その記事を受けて、当ブログを読んでくれた「元キカ」さんより、以下のコメント(一部省略)をいただきました。

100%A社の方がキツくて耐えられないと思う。未練なんて捨てた方がいい。何より30半ばで半年の時間はデカイ。歳を取れば取るほど不利になる。

しかも大変な部署なら社員を多く取りたいだろうから試験の時に有利だと思う。リーダーシップのあるベテランがいない職場なら、なおさらで、中小で班長だった経験をアピールできる。実は大チャンスかもしれないよ?世界的メーカーの社員になるチャンスなんて簡単にまわってこないよ。社員試験なんてほとんど出来レースなんだし。

社員になってから部署異動を希望する方法もあるし、なってしまえばこっちのもの。

期間工A社の方が仕事内容はきついぞ!

期間工A社は仕事がきついことで有名です。現在働いている職場の仲間の中に、前回、期間工A社で働いていたという方が3名います。いろいろ話を聞かせてもらっています。

  • A社に比べたら、B社は天国ですよ。めっちゃ楽。給料もB社の方が多い(20代前半)
  • A社は本当に忙しい。時間がない。体のあちこちが痛くなりますよ。あと、A社は食堂が遠いので、弁当持参していました。食堂に行ってたら休憩なんてできないっす(29歳)
  • 仕事はきついかもしれませんが、正社員になるんだったらA社の方がオススメかもしれません。長年のノウハウがあって、ここよりもしっかりしてますよ(30代前半)

僕の前職の中小工場も割と過酷な現場だったので、それなりの覚悟はできています。また、僕は車が好きで、一度でいいからA社で働いてみたいという気持ちもありました。世界屈指のモノづくりの現場を肌で感じてみたいです。実際に働いてみて、「イメージと違う」、「体力的にきつい」、「長く続きそうにない」、「やっぱりムリだったwww」。そう感じたら感じたで問題ありません。とにかくやってみないとわかりませんからね。

もう30半ば。半年の時間は大きい。

これは僕自身、かなり感じています。今働いている期間工B社を満期を待たずに退職することもマジで考えました。同じ期間工の仲間にも相談しました。

ただ、それは社会人として身勝手過ぎる行為で、信用を失ってしまいます。もう二度とB社や関連会社で働けなくなる可能性があります。最悪の場合、A社に入社できない可能性もあるかもしれません。

また、仮にB社を満了してA社に入社したとしても、30代半ばで正社員になれる可能性は著しく低いと自分でももう分かっています。僕が思うに、期間工A社で正社員になれる可能性は10%未満ぐらい。本当に突出した体力や技能、コミュニケーション能力がないと難しいでしょう。

大変な部署だからB社で活躍できるのでは?

僕が今働いている部署は、本当にこれが大手企業なの?と疑うような職場環境です。前職の中小工場よりも酷いです。リーダー職の正社員を除いて、意識の低い人が多いです。休憩時間も決められた時間よりも長くとっていたり、改善提案なんて誰も提出していません。「この職場をもっとよくしよう」、「作業をやりやすくしよう」という前向きな意欲を感じません。

こういった環境なので、真面目に働いていれば正社員になるチャンスはあるのかもしれまえん。しかし、この部署で正社員になれても、多大なストレスや長時間労働、休日出勤などで、大企業の正社員になれるというメリットよりも、損失の方がかなり大きいと判断しました。

※原則、期間工から正社員になると、その職場での配属となります。職場移動の希望を出すことは可能ですが、それが叶うかどうかは運次第だそうです。

そもそも正社員になること自体を諦めようかと思っている

投資ブログを見ていると、セミリタイアを目指す方が多くいらっしゃいます。僕はセミリタイア願望は強くはありませんが、期間工でお金を稼ぎながら資産運用をし、5,000万ぐらいの資産形成できたら、スポーツジムに通いながら、バイトでもして生きていくのもありかなと思うようになりました。犬も飼ってみたいんですよね。バイトなら犬と接する時間もたくさん確保できますし。

  • 期間工でも年収400万~450万程度は稼げる
  • 期間工B社には40後半の年配の人も働いている
  • 求人誌を見れば、仕事はいつでも募集している

正社員になれなくても死ぬことはないwww

結婚できない、住宅ローンが組めないなどのデメリットは確かにあるかもしれないが、今の時代、そこまで悲観することはないかなと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする