期間工 給料明細

期間工の給料を入社時(2018年8月中旬入社)から公開しています。

11月度 給料明細(3回目)

支給(労働日数:22日)

  • 時間外勤務手当(38h):62,434円(1時間当たり1643円)
  • 交通費支給:17,600円(1日当たり800円)
  • 総支給額:359,434円

控除

  • 雇用保険:1,078円
  • 健康保険:7,651円
  • 厚生年金保険料:21,960円
  • 所得税:9,290円
  • 住民税:0円(※前職の退職時に一括徴収)
  • 食事代:5,215円(一日平均237円)
  • 控除合計:45,194円

差引支給額

  • 手取り:314,240円

コメント

10月は労働日数が22日と先月よりも2日多く、残業も38時間で、総支給額は過去最高となりました。僕は片道が約30kmの通勤のため、交通費の支給が多いです。交通費を除外すると総支給額は約34万になります。

期間従業員として大手の工場で働き始めて、もうすぐ3ヶ月が経過します。もう仕事は慣れてきて、今は以前担当していた工程の前工程で仕事をしています。2つの工程の仕事を覚えて、前工程が遅れていればそちらに応援に入ったりなど、フレキシブルに働けるようになりました。また、ライン全体の流れも把握できるようになり、正社員の働き方などにもいろいろと気付くようになりました。

10月度 給料明細(2回目)

支給(労働日数:20日)

  • 時間外勤務手当(34.5h):56,683円(1時間当たり1643円)
  • 交通費支給:15,780円(1日当たり789円)
  • 総支給額:339,012円

控除

  • 雇用保険:1,017円
  • 健康保険:7,651円
  • 厚生年金保険料:21,960円
  • 所得税:8,070円
  • 住民税:0円(※前職の退職時に一括徴収)
  • 食事代:4,697円(一日平均235円)
  • 控除合計:43,395円

差引支給額

  • 手取り:295,617円

コメント

9月の労働日数は20日で、満額支給です。総支給は交通費を含めずに考えると、夜勤あり、残業34.5時間で約32万。この額を多いと見るか少ないと見るかは、その人の住んでいる地域や職業、年齢、価値観などによって変わるので何とも言えませんが、僕の個人的な感想は、妥当な金額だと思っています。

期間従業員は、企業側から見たら労働力の調整弁です。最長2年11ヶ月までしか働くことができず、景気が低迷したら契約は打ち切り。「もうあなたは必要ありません。さようなら。今後のこと?自分でどうにかして下さい」です。将来を保障されていない都合のいい使い捨ての労働力です。また、仕事内容も単純作業が多く、何もスキルが身につきません。そういった事情を踏まえての金額なのだと思います。

9月度 給料明細(初給料)

支給(労働日数:10日)

  • 時間外勤務手当(13.5h):22,181円(1時間当たり1643円)
  • 交通費支給:7,890円(1日当たり789円)
  • 総支給額:183,346円

控除

  • 雇用保険:490円
  • 健康保険:7,651円
  • 厚生年金保険料:21,960円
  • 所得税:6,500円
  • 住民税:0円(※前職の退職時に一括徴収)
  • 食事代:2,903円(1日当たり290円)
  • 控除合計:39,504円

差引支給額

  • 手取り:143,842円

コメント

8月の盆明けに入社したので、今月の給料は満額支給ではありません。来月の給料(9月労働分)は満額支給となります。9月は労働日数は20日なので、単純計算すると手取りは27~28万ぐらいになるのかな?前職の中小工場で働いていたときよりも年収はよくなりそうです。

しかし、もちろん給料は多いに越したことはありませんが、今はそこまで興味ありません。僕の期間工の目的はお金をたくさん稼ぐことではなく、正社員に登用することです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. バンケン より:

    正社員になっても高卒と同じ額スタートやでw

  2. PATO より:

    自分の親と友人が高卒で某大手企業なのですが、ボーナス額を聞いてビビりましたよ。