大手工場の正社員になれても大変

現在、大手企業で期間工として働き、そこから正社員登用を目指しています。期間工として働き出して、もうすぐ2ヶ月。徐々に自分が任されている工程の仕事を覚え、他の工程の手伝いもするようになりました。ぼんやりとではありますが、組全体の仕事の流れがわかるようになってきました。

僕(期間工)が担当している仕事

二週間ぐらいまではクソだと思っていた

僕が今担当している仕事は、加工処理された製品を冶具から取り出し、次の工程に流すために、別の冶具に移し替える作業。文字にすると、「①製品を取り外して、②冶具に収める」。たったこれだけ。

ぶっちゃけ言うと、始めは、

「なんだこの単純作業。期間工の仕事はマジでクソだな」

と思っていました。しかし、徐々に仕事を覚えていくと、そこまで単純な仕事ではありませんでした。

意外と難しい・・・

  • 製品の種類が無数にある。しかも、ほとんどの製品は肉眼で判別ができない。混流させたら大問題になる。ミスが絶対にできない。※前回、僕は混流させてしまい問題になりました。
  • 製品によって冶具や検査、現品票の提出の仕方が異なる。たまにしか流れてこない製品がくると、やり方を忘れてしまっている。間違えると、異品発生の原因になるのですぐに正社員に注意されます。
  • どの製品から作業するか、優先順位を自分で考える必要がある。

ex.「A製品がもうすぐ在庫がなくなるな。でも、A製品の冶具の在庫がないわ。確認しないと。10時からはB冶具が必要になる。C冶具は14時にまでに処理しないといけない。あっ、D製品は早く処理してほしいと朝礼で連絡があったな」。何を優先して作業すべきか、多くの情報から判断しないといけません。

「①製品を取り外して、②冶具に収める」というたったこれだけの工程でも完璧に仕事をしようとすると結構大変。

僕が所属する組には、このような仕事(工程)が6つほどあるのですが、一番簡単な工程が今担当している仕事。もっと複雑で、一回のミスで約1,000個ほどの製品が不良となる工程もあります。

正社員(リーダー職)の仕事は期間工とはレベルが違う

正社員(リーダー職)は基本的にライン作業はしていません。正確に言うと、ライン作業に従事している正社員もいますが、誤解を恐れずに言うと仕事があまりできない正社員だと個人的に思っています。

期間工から正社員になる人は、ライン作業することを求められて正社員になるのではありません。ライン作業に従事するだけなら期間工のままで十分なのです。わざわざ正社員になる必要がありません。リーダー職になる素質がある人間が正社員になれるのです。

正社員は全ての工程を熟知する必要がある

正社員は組全体の作業の流れを管理しています。イメージ的には、「今日はA製品を最優先して作業してくれ」、「B工程が遅れてる。○○さん、そっちに応援入って」、「C製品の入荷が遅れているから、D製品から作業してくれ」って感じで、組全体の指揮をとっています。

ある工程の作業が遅れていれば、正社員がその工程に入って手伝います。また、期間工が突発に欠勤すれば、その代役も当然できなければいけません。そのため、期間工なら1つの工程に特化することができればそれでよしですが、正社員は全ての工程を熟知する必要があります。

正社員は非常にやることが多い

正社員の仕事を見ていると、本当にやることが多いように感じます。

  • 期間工への業務指示、教育
  • 期間工からの報告や質問に対応
  • ラインに問題が起きれば異常処置
  • 班長と連絡を取って組を管理
  • 他部署(前工程、後工程、生技)からの連絡対応
  • 休日は資格取得のために勉強も必要

一つの工程のことだけを考えていればいい期間工とは、仕事量や責任がまるで違います。

始業時間ギリギリまで休憩所に待機し、終業時刻になればさっさと帰宅する期間工。誰よりも朝早く出社し、終業時刻を過ぎても帰宅しない正社員。本当に対称的です。

仮に正社員になれたとしても・・・

僕の職場の正社員はとても忙しそうです。ほとんど休憩している姿を見たことがありません。昼休憩もパパっと食事して、すぐに現場に戻っています。ある20代前半の期間工の方は、リーダーの忙しい姿を見て、「自分はここの正社員にはなりたくないな~」と言っていました。その気持ちは十分わかりますね。

僕も心配になることがあります。「この仕事が俺に務まるのか・・・?」と。仮に正社員になれても地獄の日々が待っているかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みどり より:

    patoさん。こんばんわ。最近このブログを見させてもらっています。私は新卒で中小メーカーを3年勤めた後、大手完成車の期間工をやっていたのですが、この記事の内容と同じことが辛く、1ヶ月で辞めました。私が辞めた理由は長くなりますが
    『登用試験を受けるために、改善提案を数多く出し、急かせか動いて、ミスが許されない作業を一年(私の場合)やって登用試験を受けれるのに、落ち続けて結局辞めたら数年無駄にしてしまう。60歳近い職場の長も交代勤務してるし、もし合格しても定年までここに居るのは辛いし無理だ。』
    となります。強迫観念が働いたのは事実ですが、期間工を体験し、初めは金が欲しかったのですが、私はゆとり>金の人間だと実感しました。現在は福祉業界にいます。福祉といってもいろいろ(重要)ありますが、ストレスフリーで働けてます。但し金は弱冠低いです。
    patoさんは期間工満了経験持ちで目標持って入られてるので期間工を乗り切れる事を願っております。
    以上、自分語りでした。

  2. PATO より:

    みどりさん

    返信が遅くなりすみません。平日はあまりブログと向き合う気力が出ませんw

    >>『登用試験を受けるために、改善提案を数多く出し、急かせか動いて、ミスが許されない作業を一年(私の場合)やって登用試験を受けれるのに、落ち続けて結局辞めたら数年無駄にしてしまう。60歳近い職場の長も交代勤務してるし、もし合格しても定年までここに居るのは辛いし無理だ。』

    僕も同じですね・・・。

    ・登用試験に落ちたら、1年無駄になってしまう。20代ではないので、年齢を重ねるのは転職の際にデメリットになる。不安・・・。
    ・仮に正社員になれても、責任の重さやキツイ勤務体系についていけるか心配・・・。

    登用試験に落ちても受かっても、いばらの道が待っており、不安に襲われることがあります。
    この気持ちを理解していただける方がいてありがたいです(涙)

    >>patoさんは期間工満了経験持ちで目標持って入られてるので期間工を乗り切れる事を願っております。

    いやー、こういった応援コメントをいただけると、本当に頑張ろうと思えますよ!
    みどりさん、お互い頑張りましょう!