期間工から正社員になった友人の話

期間工として今働いている会社に、以前乗っていたバイクツーリングの友人が働いていることがわかりました。その友人も期間工から正社員になったようで、いろいろ話を聞くことができました。

↑僕が以前乗っていたバイクです。売却済。また乗るかもしれません。

まとめ 友人から聞いた話

その友人が正社員になったのは今から10年前で。今は現場のリーダー的な立場(班長候補)だそうです。最近正社員になった奴の話を聞いた方が参考になると言っていましたが、どんなことでもいいので話を聞かせてもらいました。

友人の経験談は?

  • 当時はまだ20代で、正社員登用には積極的ではなかった。
  • 正社員になるには「創意工夫提案を毎月10件は出せ」と言われていたが、毎月3件提出した。
  • 社員試験を受けた者の中には、改善提案を何枚も提出したり、QCサークル大会の発表者になっても落ちた人がいた。
  • なぜ自分が正社員なれたのかはわからない。運要素も大きいと思う。
  • 自分の経験から言うと、筆記試験や面接の方が重要なのかもしれない。
  • 社員登用試験を一回で受かろうという考えは甘いと思う。そんな簡単ではない。二回目、三回目で受かる人もいる。不合格になっても諦めないことが大事。

リーダーの立場からどんな人が欲しい?

  • 自発的に考えて行動できる奴が欲しい。受け身で何もしない奴はマジで要らない。イライラする。正社員になってほしくない。
  • 会社の方針としては、人件費削減のためや、少子高齢化・人口減少に対応するため、年々、工場の従業員を減らしていきたいと考えている。そういった状況の中でも、正社員になってほしい人材とはどういった人物か考えてほしい。
  •  工場で生産しているものは、市場はどんどん縮小していく。そういった状況で、期間工から正社員になったら、会社に対してどんなメリットがあるのか?メリットがない奴は正社員になれるわけがない。期間工のままでいい。

各国のガソリン車・ディーゼル車販売禁止の状況

  • イギリス、フランス:2040年までにガソリンエンジン、ディーゼルエンジンのクルマの販売を終了。
  • ドイツ、スウェーデン、インド:2030年まで
  • オランダ、ノルウェー:2025年まで

各国のガソリン車・ディーゼル車販売禁止の状況

とても参考になった

参考になったというか、仕事でミスして凹んでいたので、いい刺激になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする