事故ったらゲームオーバー

僕が今期間工として働いている会社は自動車関連のメーカーです。そのため、車の事故に関してはとにかくめちゃくちゃうるさいです。社内で事故が起きればすぐにどんな事故だったのか、何が原因だったのかなど、上司から詳しく説明されます。

そして現在、社内で立て続けに交通事故が発生しており、先日、係長が朝礼で

係長:「今このタイミングで事故を起こすと、非常に面倒なことになる。絶対に事故を起こさないように注意してくれ!」

と強く説明をしました。特に今は、某元アイドルの飲酒ひき逃げ事故の件もあり、世間の目もより厳しいのかもしれません。

PATO:「このタイミングで事故を起こしたら正社員登用どころじゃなくなるな・・・」

今まで以上に安全運転を意識しなければいけません。

僕が安全運転で意識していること

ライトの早期点灯

夕暮れ時、薄暗くなったらライトをいち早く点灯している車があるのですが、どこのメーカーの車かお気づきでしょうか?

ドイツのメルセデス・ベンツです。

ベンツの車にはライトの「切り」がありません。「点灯」か「AUTO」の二つしかないのです。「AUTO」の感度センサーは敏感で、すぐにライトが点灯します。つまり、ほぼ強制的にライトが点灯する仕組み。早めにライトを点灯して、自車の存在を周囲にアピールして事故を減らそうというベンツの安全哲学。

僕もベンツを見習って、かなり早めにライトを点灯しています。

交通事故が最も多い時間帯

交通事故総合分析センターの調べでは、交通事故がもっと多い時間帯は、

16時~18時の「夕暮れ時」

だそうです。その理由は、ライトを点灯している車としていない車が混在するからです。当然、事故に合う確率が高いのはライトを点灯していない車の方でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする