社員登用に向けて面接対策

期間工として働き始めて、早1ヶ月が経過しました。

6ヶ月以上在籍していれば社員登用試験を受けることが可能とのことです。気が早いのですが、少しずつ面接の対策も考えていこうと思っています。

想定される質問

自分なりに質問を考えてみました。

  • あなたの現在の業務内容を教えて下さい。
  • どんなことを意識して仕事をしていますか?
  • 改善提案は提出していますか?
  • なぜ正社員になろうと思ったのですか?契約社員ではダメなのですか?
  • 正社員になったら、何をしたいですか?
  • 志望動機を教えて下さい。なぜ当社の正社員になろうと思ったのですか?
  • あなたの経歴について教えて下さい。前職はなぜ辞めたのですか?
  • 自己PRをして下さい(あなたの長所を教えて下さい)
  • 何か聞きたいことはありますか?

こんなところでしょうか?ちょっと気になる質問をピックアップします。

前職はなぜ辞めたのですか?

前職の中小工場は25歳から33歳までの約8年間働きました。期間工B社に入社して配属が決まった日に、職場の上司に「前職は8年間働いてたんだって?」ということを聞かれました。やはり8年も働いて期間工になるというのは興味を持たれるようです。

それなりの覚悟があっての決断だということを話したいと思います。

あなたの経歴について教えてください

過去に話をしたことがあるのですが、僕は高卒ではなく大卒です。大卒と言っても、三流私立大学(工学部)です。それでも当時の就職状況は売り手市場だったので、某大企業の一時下請けのメーカーに就職することができました。

しかし、業務の難易度の高さとその仕事量の多さに潰れて退職。(その部署は鬱病になる人が多く、僕の先輩も2名退職。1名休職。有名国立大学卒の後輩が退職。僕が退職後、その部署で事件が起き、新卒は採用しないという事態になりました)

その後、僕は大卒を捨てて、工場の現場で働く道を選びます。

大卒で工場の現場勤務という辺りの経歴も絶対に突っ込まれると思います。しかし、意外にも大卒で期間工になる人は多くはないけど、珍しいことではないようです。

志望動機

僕は今働いている期間工B社よりも、不採用になった期間工A社の方が勤務地が圧倒的に近いです。しかも、B社よりもA社の方が会社の規模が大きく、知名度もあります。そこで想定されるのが、

「なぜA社ではなく、当社を希望したのですか?」

という質問。これは実際に、期間工B社の採用試験で質問されました。その時は、A社よりもB社に魅力を感じたという内容の話をしたのですが、かなり説得力のない説明になってしまいました。本音は「本当はA社に入社したかったのですが、健康診断で不採用になったので御社を選びました」なのです。

これをどう対策するか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする