ストレッチを2週間した結果

2週間前からストレッチを始めました。始めましたと言っても、毎日ストレッチはしていません。何もしなかった日もあります。3日に2回ぐらいのペースだと思います。それでも2週間でどれくらいの効果があったのか?

結果(立位体前屈)

ストレッチ前(7/16)

結果:床からマイナス15cm

どんなに頑張っても床に手が着くなんてあり得ない状況です。学生の頃は体が柔らかい方だったので、結構ショックです。

ちなみに、柔軟性が低下する原因は、加齢ではなく、不活動によるものなんだそうです。要は社会人になると、運動することが減り、決まりきった行動パターンしかとらないようになるからだと思います。

ストレッチ後(7/30)

結果:床からマイナス3cm

あと少しで床に指先がつきます。痛みを我慢すれば、瞬間的なら床に指先がつきます。数値にすると、2週間で12cmも体が沈み込むようになりました。

調べてみると、ストレッチは即効性のある運動で、逆にいうと、数日間でもサボるとすぐに元に戻ってしまうようです。

感想

これからも継続し、床に指(第三関節)をベタっとつけられるぐらいの柔軟性を目指したいと思います。ポイントは、ときどき長く行うより、毎日短時間行う方が効果的ということ。たまに時間をかけ的ストレッチするぐらいなら、毎日5分ストレッチをした方が効果的。

体が柔らかいと、腰痛の予防に繋がったり、血行がよくなり、疲労回復を促す・動脈硬化を予防するなどの効果があるそうですよ。

ストレッチ参考動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする