期間工B社の不安点 通勤時間

今日、期間工B社の面接を受けてきました。合否はまだわからないのですが、僕が期間工B社で働く上で心配しているのは、通勤時間(勤務地)です。

B社には複数の工場があります。面接では希望勤務地を聞いてくれるのですが、どこに配属になるかはわかりません。僕は最寄りのA工場を希望しているのですが、B工場という最も従業員数が多い工場に配属になる可能性が高いというのです。※C工場もあります。

ルート検索してみた

  • 希望勤務地 A工場:片道9km 通勤時間 約25分
  • 可能性 大 B工場:片道25km 通勤時間 約60分
  • 可能性 小 C工場:片道18km 通勤時間 約45分

前職場は片道8.5kmで、朝の通勤時間は30分ぐらいでした。僕の理想の通勤時間は30分以内で、限界が45分。ちなみに、全国の通勤時間の平均は、約37分。そう考えると60分はやはり長い。

B工場に配属になったら最悪です。会社の規定で寮に入ることはできず、勤務地付近に引っ越すことも。ただ、正社員になれるとは限らないので、しばらくは自宅通勤ということに。

通勤時間(車通勤)が長いリスク

  • 遅刻のリスクが高まる
    • 渋滞、工事、積雪などにより、到着時刻が遅れる可能性あり
    • 通勤中に突発の腹痛に襲われるリスク
  • 交通事故を起こすリスクが高まる
    • 単純に運転時間が長くなるため
    • 帰宅時は居眠り運転をするかもしれない
  • 車の消耗品の交換頻度が早くなり、維持費がかかる
  • 睡眠時間が減る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする