期間工B社 面接を受けてきた

2社目の期間工の面接を受けてきました。

会場に約30分前に到着したのですが、既に2名の方が待っていました。「こんにちわー」と僕が挨拶すると、手前で待っていた方と意気投合。いろいろ情報交換しました。この方も僕が健康診断で落されたA社を数年前に受けており、少し風邪を引いただけで不合格になったようです。やはり、A社は異常なほど健康診断が厳しいようです。

時間になると60代ぐらいの面接官に案内され、会議室のような場所へ。席は5席あり、あと2名が後ほど到着。簡単に期間工の概要を説明し、会場に到着した順に面接を行いました。

会議室の外で待っているときに、他の4名の方といろいろ雑談しました。「今までこんな仕事をしていた」、「期間工でも○社は絶対受けない方がいい。あそこは人が最悪」、「どこどこ工場に配属になったらヤバそう」など、初対面にしてはいろいろ盛り上がりました。

そして、僕の面接の時間に

僕の感触で言えば、特に問題ないと思います。髪の毛は前日に切り、黒髪短髪。服装はスーツ。面接官の質問にも、大きな声でハキハキと答えました。

ただ、強いて言うと、通勤時間がかかることを面接官が少し心配していました。「希望する工場に配属できるとは限りません。○○工場に配属となったら、通勤が少し大変ですが大丈夫ですか?」と質問されました。もちろん僕は「はい」と返事をしましたが、ぶっちゃけ僕も少し心配ですwww その工場に配属となったら、通勤に1時間程度かかります。「通勤1時間って特別問題ないだろ?」と思う方もいるかもしれませんが、結構きついですよ。ちなみに、僕は会社の規定で寮に入ることができません。

面接終了後・・・

面接が終わってから会場で仲良くなった4人と雑談していました。その中の20代前半の子が、面接の手ごたえを感じることができずに凹んでいました。「会場に到着した時間がギリギリすぎる」、「言葉遣いがあまりよくない」と注意を受けてしまったようです。その子と会話をしましたが、はっきり言って、期間工として働く上では何も問題はありません。やはりB社の面接は、噂通り期間工の中では厳しいのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする