短期アルバイト もう辞めたいです

今、有給消化期間中ということで短期アルバイトをしています。早朝の宅急便の仕分け作業です。この仕分け作業は男性のリーダーを筆頭に、パートの主婦5~6人で作業しています。

そのパートの主婦の中に、一人ボスみたいな40代のおばさんがいます。俗に言う、お局様ってヤツです。初対面のときから、「この人怖そうだな~」と思っていました。眼鏡をかけていて、眉毛が細く、きつい顔立ち。喋り方も冷たく、威圧的。

その人と馬が合いません。

おつぼねとは職場を仕切る古参の女性社員を意味し、お局と書く。おつぼねは、「意地悪」「口うるさい」といった意を含み、そういったOLを嘲(あざけ)ったり、侮蔑(ぶべつ)する際に使われることが多い。

原因はおそらく僕の仕事のミス

僕がこのバイトを始めた頃、仕事のやり方がわからず、ミスが多くてイライラしたのでしょう。それ以降、僕が仕事を覚えても、ちょっとミスをすると、すぐ機嫌が悪くなります。そして、人をけなすかのような態度で注意してきます。他にも・・・

  • 僕が気を利かせて作業しても、ちょっと気に食わないことがあると、すぐにつっかかてくる。
  • 僕のミスとは断定できないのに、僕がミスしたかのようなふるまいをとる。他の人にも聞こえるような声で言う。
  • 文句を直接僕に言わずに、わざと僕に聞こえるような声で言う。

僕はこのおばさんに嫌われているのでしょう。

前職の工場も含め、今までこういう陰湿で攻撃的な性格の人とは出会ったことがありません。男性にはこういうタイプの人は少ないと思います。

攻撃的な人から身を守る意外と単純な方法!平穏な日々はもう目前!

僕もすぐに察知したが・・・

このおばさんと距離を取り、なるべく干渉しないようにしています。しかし、それでもまだ些細なことですぐに注意してくるので、ストレスがかなり蓄積しています。人に注意する割には、自分もミスしていたり、仕事中は大きな声で喋りながら作業をしているので、余計に腹が立ちます。

そして先日、ついにブチ切れそうになってしまいました。

しかし、そんなことをしたら、職場の雰囲気は最悪になり、自分の立場も完全に無くなります。グッと抑えて、「はい、わかりました」とペコペコして、その場を抑えました。

もう予定よりも早めに短期アルバイトを終了しようと思います。

今回の経験から何を学び、どう生かす?

最悪の出来事でしたが、今回の経験から、何を学び、今後の社会人生活にどう生かせるかよく考えたいと思います。まず、そもそもの原因は僕にあるので、仕事のミスをしないのが一番です。

  • 自分は仕事ができない人間だと再確認。仕事ができないというより、仕事に対する意識が低いように感じる。
  • 初めて行う仕事は、細心の注意を払ってミスしないようにする。
  • どこでミスしやすいのかよく考えて、ミスしない予防や工夫を先回りして行う。

しかし、人間は誰しもミスはするもの。ミスをしたときにどう対処するか?また、世の中には、怒る沸点が低い人間がいるということを自覚し、もし職場にそういう人がいたら要注意。何をすると怒るのか、よく観察して自己防衛する必要があります。

怒られても凹まなくなる!“怒られ力”をつける5つの方法

  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする