行動した後悔 VS 行動しなかった後悔

人間は、行動した後悔より、

行動しなかった後悔の方が深く残る。

コーネル大学・社会心理学者 トーマス・ギロビッチ

これは行動非行動の法則と言って、みなさんも、ご自身の経験から実感できるのではないでしょうか?

好きな人がいて、告白するか悩んだ場合

よくある後悔の比較です。

  1. 告白したが、フラれてしまった場合の後悔
  2. 告白できず、結局その人とはもう連絡がとれなくなってしまった場合の後悔

どちらの後悔の方が大きいか?

答え

短期的には、A.の告白してフラれてしまった後悔の方が大きいが、

長期的には、B.の告白しなかった後悔の方が大きくなる。

理由

A.の場合、フラれてしまったショックは、気持ちの切り替え(自分を納得させたり)ができて、時間が経つにつれ、その後悔は薄れていきます。場合によっては「そんなこともあったなwww」と忘れてしまうでしょう。

しかし、B.の場合、気持ちの移り変わりはなく、「告白しなかった」という一点にフォーカスされてしまい、長期間にわたって、「もしあのとき告白していたら・・・」と後悔することになります。

また、ツァイガルニク効果と言って、人は、達成できた事柄よりも、達成できなかった事柄や未完了の事柄の方をよく覚えているという心理現象があります。この効果もあって、記憶にいつまでも残ってしまうのです。

ツァイガルニク効果の例

  • テストが終わったら、勉強したことをすぐ忘れてしまう。
  • 多くのドラマやアニメは、続きが気になる終わり方をする。そして、視聴者はその内容をよく覚えている。

まとめ

簡単にまとめると、

行動しないとずっと記憶に残ってしまう。

だから、失敗を恐れずに、さっさと行動してしまった方が幸せになれるってことですw

成功すればそれでよし。仮に失敗しても、失敗した後悔は一時的。時が経てばその後悔は薄まるから大丈夫www

仕事(中小工場)を辞めたことに一切の後悔はない

今は有給消化期間中ですが、僕は仕事(中小工場)を辞めました。仕事を辞める前は非常に悩んだのですが、今のところ、「仕事を辞めなければよかった・・・」という後悔はしていません。

このブログを見ている方で、仕事を辞めるか悩んでいる人はいないとは思いますが、僕が刺激を受けたサイトを1つ紹介したいと思います。

「会社を辞めてよかった」仕事を退職して後悔した人を1人も知らない

僕は大企業をたった3年で辞めちゃった人間で、会社を退職した人も結構知っています。

でも、会社を辞めたことを後悔しながら生きている人を僕は1人も知りません。

テンション高めに「仕事を辞めて良かった!」と言っているのはよく聞きます。

だけど、「仕事を辞めなきゃよかった。。」と後悔している人って本当に僕は1人も知らないのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

医者が教える人が死ぬときに後悔する34のリスト [ 川嶋朗 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/6/4時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする