高校入試数学 半分しか解けなかった

今週、家庭教師(個別指導)のアルバイトの面接を受ける予定です。そこで、自分の学力がどれくらいあるのか確かめるため、高校入試の数学を解いてみたのですが、

半分しか解けませんでした・・・

これはヤバイ?おそらく面接時に学力テストがあると思われますが、そこで脱落となりそうです。当時の学力なら行けるだろうと思っていたのですが、甘かった。しかし、ちょっとした法則を忘れていて解けなかった問題が多く、再度勉強すれば大丈夫かもという気もします。大学入試数学よりパズル感覚で解く問題が多く、考えるのは楽しいです。

点A、B、Cが円周上をそれぞれ異なる速度で移動するとき、△ABCが直角三角形になるのは、20秒間に何回ありますか?みたいな問題。

※直角三角形になる条件(タレスの定理:直径に対する円周角は直角である)がひらめくと正解に近づく。

ここで、皆さんに一つ問題です

6枚のアルファベットが書かれたカードがあります。

A A A B B C

1枚カードをランダムに取り出し、次にそのカードを戻して、再びランダムにカードを1枚取り出します。このとき、最も起こりやすいパターンはどれでしょう?またそのときの確率はいくつか?

  1. Aが二回出る
  2. Bが二回出る
  3. Cが二回出る
  4. AとBが一回ずつ出る
  5. AとCが一回ずつ出る
  6. BとCが一回ずつ出る

正解は・・・

4.です。確率は1/3になります。直感で1.と答えてしまいませんか?僕はそれで間違えました。よく考えればわかるんですけどね・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする