最終出勤日

今日が中小工場の最終出勤日。退職するか悩みに悩んだ結果、とうとうこの日を迎える。ぶっちゃけ、班長になったばかりなのに、自分が本当に会社を辞めるとは思っていなかったw

どうせ、口だけ。弱音を吐くだけ吐いて、どうせ続けるんだろ? 会社を辞めるなんて、そんなこと俺にできるわけない・・・

そう思っていた。

しかし、俺はやった。今日が最終出勤日・・・

おっ!やるじゃん!有言実行!

の先どうなるかわからないけど、とにかく行動したことはかっけーよ!

俺もやるときはやるんだな。

そう、感じています。

労働環境はあまりよくなかったが、なんだかんだでこの会社から得たものはたくさんある。

  • 溶接(被覆アーク溶接)技術
  • アセチレン(ガス酸素)切断
  • 金属加工(金属を曲げたり、鉄にねじ穴開けたり)
  • 簡単な電気配線
  • 工具の使い方(エキストラクター、レバーホイスト、チェーンブロックとか)
  • フォークリフトの運転技能
  • 10tクレーン&玉掛け
  • 中型トラック・いすず エルフ(最大積載量3.5t)の運転

大手企業なら業者に任せるよう作業(大型プレス機のカムシャフトの取り外しとか)もやった。防護服を着て、グリスまみれになるような苦痛な作業もこなしてきた。無駄な時間を過ごしてきたわけじゃない。これらの経験は決して無駄にはならない。

空っぽになったロッカー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. トシ より:

    お疲れ様です。

    明日の夜勤明けは天気もいいし清々しい朝となるでしょう。
    夜勤をやらなくなると体調がよくなることがはっきり体感できるそうです。

    私は就職には恵まれましたが、住宅ローン3500万円のため夜勤から逃げることができません。アーリーリタイアも無理そうです。楽な人生なんて無い。それぞれの能力に応じた敵がきちんと現れるというのが世の中。

  2. PATO より:

    トシさん

    1972年のかなり古いデータですが、フランスの研究によると、夜勤労働者は寿命が10年ほど短くなるそうですね。長生き願望はそれほどないので、特に気にしていませんが、なんだかんだで夜勤はしんどいですね。3~5時ぐらいが一番きついです。