①友人の結婚式での出会い 食事に誘われる

つい先日、婚活ちょっと休憩という記事を書いたのですが、ある女性(28歳)に食事に誘われました。

その子は、1月に友人の結婚式に参加したときにいた子(新婦の友人)です。友人経由で「PATOとラインしたいって言ってる子がいるらしいよ」と連絡を受け、連絡交換をしてしばらくラインをしていました。

二週間ほどラインをしていたのですが、話のネタも尽きてきて、僕でラインの返信するのを止めて以来、それっきりでした。そして、その子から昨日ラインが届いて食事に誘われたという流れです。

おそらく僕が返信しなかったので、思い切って食事に誘ってくれたのでは?と思っています。もちろん、「おっけ!ご飯行こう!」と、快く了承しました。

女の子から食事に誘うって、割と勇気のいる行動だと思います。相手の気持ちを尊重し、失礼のないようにしたいと思っています。

ただ、今の中小工場に就職して、一番初めに配属したラインの先輩社員(数年前に結婚)が退職したんですよね。同僚の方と仲がよく、上司との関係も良好だったのでびっくりしました。退職理由は、会社の待遇(労働環境や給与、賞与、年間休日、有給の取りやすさなど)がよくないからだそうです。嫁の父親の職場で働くそうです。そんな状況を見てしまうと、「男は結婚するといろいろ大変なんだな・・・」と、無意識レベルで「結婚=不幸せ」という方程式が頭に刷り込まれてしまいます。そんなこんなで、今は積極的に婚活する気分では・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. taka より:

    仕事と結婚って難しいですよね。
    妹の旦那も給料低くてブラック会社勤めだったので
    親父が大手の仕事先紹介して転職して部下になってます。
    よかったのか悪かったのかはなんとも言いがたい所ですよね。

  2. ラン より:

    こんばんは。
    前回のコメントにお返事いただきありがとうございました^ ^
    たしかにミニマリストの方と出会うのはなかなか難しいですよね、的外れなアドバイスすみません^^;
    私の周りの友達ですと、小さな幸せを感じられる子、例えば春になって花が咲き始めて嬉しいなぁとか、お風呂がリラックスできて気持ちがいいとか、そういうタイプの子はあまりお金に執着していない気がします^ ^
    今回お会いする方が気の合う方だといいですね〜!

  3. PATO より:

    いやー、まさにそんな感じだと思いますね。
    ブラック会社とまでは言わないかもしれませんが、他の工場よりも待遇は悪いです。
    若い既婚者の方がよく退職していくのですが、それを見てしまうと、「やっぱり金か・・・」ってどんよりした気分になりますwww

  4. PATO より:

    的外れなアドバイスwww
    いえいえ、前回はコメントありがとうございました。

    幸せの沸点が低い方とは気が合いそうな気がしますね~。
    あまりいませんが、街コンなどでは、お金のかかりそうな女性は敬遠していました。
    やっぱり価値観が似た者同士の方が上手くいきそうですね!