仕事ができる人はココが違う

僕は仕事ができない人間です。仕事ができないから、低所得の中小工場工員に至るわけです。そこで、僕が20代のときにこちらの本を読みました。

入社1年目から差がついていた!頭がいい人の仕事は何が違うのか

以下、僕がノートにメモしていた内容です。

まず、仕事ができるとは何か?

仕事ができる・できないの違いは、「期待されるアウトプットを確実に出せる能力」の有無。

仕事ができない人の特徴

  • 仕事の基本が理解・実践できていない
  • 効率が悪く、時間がかかりすぎる
  • ミスが多いうえに繰り返す
  • 無意識に周囲をイライラさせてしまう

仕事ができる人はゴールから考えている

  • 仕事ができない人・・・言われたことをそのままする。一度立ち止まって考えれば誰でも予想できることをまったく予想せずにやる。つまり、何も考えていない。
  • 仕事ができる人・・・その仕事の目的を正しく理解し、何が求められていて、何が求められていないのか判断する。一歩先を読んで行動している。それを無意識レベルでやっている。

⇒ 考えてから動く習慣を身につけること。

⇒ 目先のことばかり考えて仕事をすると、逆に効率が下がる。

  • 仕事ができな人・・・ピントがづれている。重要ではないことに拘り、時間をかける。
  • 仕事ができる人・・・求められるアウトプットを出す

⇒ 「自分ではいいと思っている」では通用しない!

⇒ “求められてる水準”をクリアできているかどうか。

仕事ができる人はなぜ効率がいいのか?

  • 仕事ができない人・・・あとで落ち着いてやろうとする。
  • 仕事ができる人・・・なるべくその場で終わらせようとする。

メリット・・・無駄に仕事をためずに済む。やることを忘れずに済む。

  • 仕事ができない人・・・一気にやろうとする
  • 仕事ができる人・・・途中から途中までやる

仕事ができる人は、「時間は有限」、「時は金なり」という思想を持っており、「この数分でちょっとだけ先に進めておこう」と考える。スキマ時間を利用する。仕事への着手が早いってこと。手をつけてしまえば、その仕事への心理的不安や抵抗が減るってことを知っている。

しかし、仕事ができない人はやる気が湧きにくく、また、少しだけ進めても意味がない、無駄だと感じてしまう。

頭がいい人のミス回避方

  • 惜しい人・・・知らないことをメモする
  • 頭がいい人・・・重要なことをメモする
  • 惜しい人・・・ミスはない&しないと思っている
  • 頭がいい人・・・ミスは必ず起きると自覚し、仕組みでミスを防ぐ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はなうた より:

    確かに思い当たってドキッ!面白いので是非読書の要約シリーズ続けてくださいね。

  2. PATO より:

    コメントありがとうございます。

    読書ノートはもう捨ててしまったのですが、本はちょこちょこ読むので、また簡単に要約して記事にしますね。