不安に襲われる。「このままでいいのだろうか?」

モチベーションが下がっています。

僕は今年で33歳になります。中小工場で働いています。収入は相変わらず増えることなく、低水準のまま。先輩社員や若手社員がポツポツと退職し、中途で入社した方も、1~2年で辞めていってしまいます。従業員は少しづつ契約社員の方が増えてきているのが現実です。

そんな状況を間近で見ていると、

「このままでいいのだろうか・・・?」

と不安になることがあります。

  • 低所得のままこの会社で働き続けても大丈夫なのか?
  • 自分も転職した方がいいのかな・・・
  • でも、この年で転職なんてうまくいかないよな。転職貧乏になるだけだ。

こんな将来に不安を抱えているような状況で、婚活なんてしてられないですよね。結婚は健全な経済力があってこそ成り立つ関係だと思うからです。

今後、日本は徐々に人口が減り、ゆるやかに衰退していきます。もう親世代の常識は通用しません。若い人が、結婚しない・子供を作らない・貯蓄する・ミニマリスト(持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人)が増えているというのは、経済的に合理的な判断自己防衛策だと思います。

ミニマリスト関係のブログで見かけたのですが、ある女子大学生がアルバイト代でセゾン投信の積立をしていました。毎月数千円の額でしたが、今や学生も資産運用する時代です。

また、僕と同世代(30代前半)の男性の方で、既婚、マンション購入済、個人資産2,500万もありながら、「将来子供ができたらお金に不安・・・」とおっしゃっていました。

※その方は、激務な職場から、毎日定時で帰宅できる職場に転職されています。やっぱり貯蓄や資産があるかではなく、安定した収入が確保できないと将来不安になるんだなと思いました。

将来が不安だからこそ結婚した方がいいという意見もありますが、将来が不安と感じている男性と結婚したい女性なんていないでしょうね。不安を抱えながら婚活するって、男性側は特に難しいと思いますけどね。

結婚できないのは男性の経済力がないから?

まっ、しばらく婚活は休憩。

そんなこと言ってると、年老いて、女性から見向きもされなくなりそうですがwww

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ラン より:

    はじめまして。
    いつもこちらのブログから色々な刺激をもらっており、PATOさんがご紹介されてる本を読んだりしています^ ^
    投資のお話なども大変参考になっていますm(__)m
    婚活ですがミニマリストの女性なら色々考え方もあうのではないでしょうか?
    そういった女性と知り合うのはいかがでしょうか?^ ^
    突然のコメントで不躾に申し訳ありません。
    今後もブログ楽しみにしております^ ^

  2. てんてん より:

    私もジュニアNISA口座の運用主体を息子にして、月1,000円だけ投資をさせています。何事も経験なので。

    NISAやiDeCoの前に、学校での金銭教育にもっと力を入れる流れになってもいいと思うんですよね…。

  3. PATO より:

    マジですか!ありがとうございます。ちゃんと激選した本を紹介しないとダメですね!いい意味のプレッシャーを感じましたw

    確かに同じ価値観を持った方ならうまくいくかもしれないですよね!ただ、どうやってミニマリストの女性と出会うかが問題ですw

  4. PATO より:

    やっぱり投資は自分で経験することが大事だと思いますよ。自分のお金が増えたり、減ったりすることで、真剣にお金について考えますからね。

    アメリカとかでは、子供の頃から学校でお金の勉強をしているなんて話を聞きますね。難しいことはわかりませんが、日本でそれをやらないってことは、何かきっと日本政府にとって不都合なことがあるのでしょうね・・・。