モノを持たなければ金が貯まる

「モノのために家賃を払うな!」という本を読みました。この本は、「モノを持たなければお金は貯まる」という本に改題されています。

モノを持たなければお金は貯まる (Business&Money) [ あらかわ菜美 ]

この本を読むのは二回目で、以前、断捨離にハマったときに読んで、とても影響を受けたことを覚えています。僕は今「一日一個モノを捨てようチャレンジ」をしており、復習のためにもう一度読みました。僕が気になった点だけ簡単に内容を紹介したいと思います。

PATOに影響を与えた本ランキングのトップ10に入ります。僕のオススメの本ですね。気になった方は是非本屋で手に取ってみてください。

モノがモノをよんでしまう

  • 何かを購入する際は、それに付随するモノの増殖を覚悟する必要がある。
  • 例えば、スマホを1台購入すると、液晶保護フィルムやスマホカバーを購入するでしょう。場合によっては、充電器、モバイルバッテリー、イヤホン、SDメモリ、USBケーブル、クリーナー、スタンド、車載用品、自撮り用品など、どんどんモノが増えてしまう。
  • 当然、お金は減ります。

安さにつられて損をする

  • いらないモノは、安くても高い。使わなければ1円の価値もない。1円の価値もないどころか、貴重な空間を邪魔するモノにしかならない。結局、ゴミになってしまう。つまり、ゴミにお金を払ったのと同じ。
  • 安物買いの銭失い。安物買いの銭失いとは、値段が安いものは品質が悪いので、買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。

モノが多いと「時間」を失う

  • 時間は人生において、お金以上に大切なもの。
  • モノが多いと「管理」に時間と手間をとられてしまう。
  • 探し物をする時間の無駄。平均的なサラリーマンがモノを探す時間は、1年で150時間。その時間で何ができる?
  • モノが多いと掃除の時間が増える。ホコリも増える。
  • 掃除を楽にしようとして、掃除グッズを購入する。→ またモノが増えるwww

モノは使ってこそ生きる

  • 毎日使う100円のボールペンと一年に数回しか着ないブランドの服。どちらに価値がある?
  • モノは使うためにある。使わないモノに、道具としての価値はない。
  • 使用頻度が高ければ高いほど、モノとして高い価値がある。
  • ブランドの服でも、いつか着る機会がある。しかし、その不確定な「いつか」のために、クローゼットにスペースを与え続けなければならない。
  • いつかがくるころにはもう遅い。体型が変わったり、デザインが古くなったり、虫食いや色落ちなどしてまっている可能性がある。
  • 毎日使うモノにこそ、とことんこだわる。→ 毎日の生活が楽しく、豊かになる。

モノを捨てられない理由(いいわけ)

  • 「いつか使うかもしれないから・・・」
    • そのいつかはいつくるの?経験上、いつかは絶対にこない。
  • 「まだ使えるから・・・」
    • じゃあ、なぜ今すぐ使わないの?結局、使わないんでしょ!
  • 「何かに使えるかもしれないから・・・」
    • いざというときに思い出せる?とっておくほどの価値はない。
  • [あると便利そうだから・・・」
    • ってことは、もともとなくても平気なモノですwww
  • 「もったいないから・・・」
    • じゃあ、なぜ使わないモノを購入したり、もらったの?そもそもが間違いだったということに気付こう。そして、二度と安易な気持ちでモノを持たないと、心に刻みましょう。

モノを捨てるためのコツ

  • モノを処分していく過程で、ある程度減らすと、「もうこのくらいでいいだろう」と満足してしまうことがある。だから、「いくつモノを捨てたか」ではなく、「どのくらいのスペースを空けることができたか」で考える。
  • 「高かったのに・・・」、「ブランド品なのに・・・」、「まだ使えるのに・・・」、「もったいない」。しかし、いざ捨ててしまえば、数日もすれば忘れてしまう。→ もともと使わないだった。不要なモノだった。なくても困らないモノだったからです。
  • 「使わないモノに価値はない。ゴミでしかない」と頭に叩き込む。
  • 迷ったら捨てる。本当に必要で大事なモノは迷ったりしない。すぐに必要と判断できる。

モノを減らすためのノウハウがこの一冊に詰まっています。オススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする