少ない物ですっきり暮らす

少ない物ですっきり暮らすという本を読みました。

筆者でミニマリストのやまぐちせいこさんのブログの内容をまとめた本です。

ブログ:少ない物ですっきり暮らす

写真がとても多いので、楽しみながら読めました。本を読むのが苦手な方にもオススメです。写真を見て思ったことは、モノが少ないというよりも、モノがありません。無駄がほとんどないこんな合理的な暮らしに少し憧れを持ちました。

ミニマリストならではの物事への考え方や工夫を知ることができ、大変参考になりました。物を少なく保つ工夫とか、あと押入れの中がすごい美しいですw

物が少ないメリット

センスがよく見える

量販店のようにモノをたくさん陳列すると、一つ一つのモノが安っぽくみえてしまいます。逆に高級ブランド店では、空間を贅沢に使い、商品をポツンと点在させ、一つ一つのモノの良さを強調して高級感を出しています。物が少ないとセンスがよく見えるのです。

掃除が楽になる

ものをどかす手間がないため、掃除のハードルが下がる。サッと掃いて、サッと拭くだけで終了。少ない労力でいつも快適な空間を維持できる。

迷うことが減る

ものを減らす過程で、たくさんからひとつを選び取る。この作業を繰り返すことで、自分が本当に好きなものの価値観が定まり、絶対的な選択のもの差し(ものを選ぶ基準)が出来あがる。

  • 色は青系等が好き
  • 機能よりもデザインを重視する
  • 大きなモノより、コンパクトなモノが好き

選択のもの差しを持つと、ものを選ぶ際に悩む時間が少なくなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする