結婚は本当に幸せなこと!?

某動画サイトに「結婚は本当に幸せなのか?」という動画が投稿されており、とても興味深い内容だったので、備忘録としてブログにメモしておきたいと思います。

独身者と既婚者

  • 男女とも、年々、生涯未婚率が上昇している。結婚離れが進んでいる。

【生涯未婚率】男性23%、女性14%に急上昇 「皆が結婚する社会こそ異常」と指摘する専門家も

  • 「結婚さえすれば幸せになれる」と考えている人は、結婚には向かない。結婚は幸せの中の一部に過ぎない。結婚の中に幸せを見つけようと考えている人は危険。
  • アメリカとフランスの大学の研究によると、以下の3つの条件が揃っている独身者は、既婚者よりも幸福度が高い。①自立心がある ②楽しみを見つけることができる ③自分をコントロールできる
  • 「独身者=不幸、既婚者=幸せ」という概念は、心理学からすると、結婚神話と言われている。結婚するとかえって不幸せになる人が一定数いて、結婚しない方が幸せという人も存在する。
  • 独身者が既婚者と同じ幸福度を得るには、今よりも年収43万円増えればいいというデータがある。

未婚女性

  • 結婚の最大のメリットは、結婚の呪縛から逃れられることと言われている。一度結婚しないと、結婚への憧れから逃れられず、辛い思いをするというもの。
  • 20代の未婚女性の3人に1人が、SNSでの友人の結婚報告にイライラしている。
  • 突然のSNSでの結婚報告のことを「婚テロ(結婚テロ)」と言う。SNSのアイコンが花嫁衣裳に変わるなど。
  • 未婚女性の4人中3人が、友人の結婚に、「なぜ私より先に結婚できたんだ?」と思っている。
  • 結婚願望が強い未婚女性ほど、不倫しやすい。結婚に対するイメージが沸きやすいため、既婚男性を好きになる。結婚してからの方がモテるようになったという男性は、その理由のため。

離婚

  • 美女と野獣の組み合わせは離婚率が高い。「リソース(与えるもの)が同程度」、「役割の棲み分け」がしっかりしている夫婦が上手くいく。不平等感が離婚の要因になる。
  • 社会学から見ても、似た者同士の夫婦の方が上手くいく。育った文化や学歴が似ている方がよい。
  • 7歳以上離れていると、離婚率が高い傾向がある。7歳以上離れた中年男性は、同世代の女性から選ばれなかった人だから。結婚はしたいけど、余ってしまった人。
  • 結婚指輪や結婚式を節約しようとするカップルは、結婚生活が長続きする。離婚率が低い。派手婚を求める人は見栄っ張りの傾向が強く、結婚後、金銭的な問題で夫婦仲が悪化する。

健康

  • がんと宣告された場合、既婚者の方が長生きする。がんが転移する確率が独身者よりも17%低くなる。夫婦で会話ができるので、精神的に安定する。免疫力に影響するのではないか?
  • 妻に先立たれた夫の1年以内の自殺率は、独身者の66倍。1年以内に鬱になる可能性は15%上昇。半年以内に死亡する可能性は40%上昇。夫に先立たれた妻の場合はそうはならない。男性の方が精神的に弱い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする