2018年の積立投資計画

ここ最近、どんどん低コストなファンドが発表されており、どのファンドで投資をするかとても迷いますね。そんな状況の中、僕が今考えている来年からの積立投資計画です。

口座ファンド名信託報酬(税抜)積立額
iDeCoDCニッセイ外国株式インデックスファンド0.189%11,500円
iDeCoEXE-i 新興国株式ファンド0.3794%程度11,500円
つみたてNISAeMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.1095%33,000円
特定口座eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)0.16%50,000円
特定口座楽天・全米株式インデックス・ファンド0.1696%程度楽天ポイント
合計106,000円

iDeCo(SBI証券)

掛金は上限の毎月23,000円。全力でリスクをとり、数年前から先進国株式と新興国株式に半々に投資をしています。

※2018年1月18日(水)から、DCニッセイ外国株式インデックスの信託報酬が引き下げとなり、年0.210%から、年0.189%になります。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

つみたてNISA(SBI証券) ※変更しました

非課税というメリットを生かして、こちらも全力でリスクを取りにいきたいのですが、リスクはiDeCoで十分とっているので、リスクの取り過ぎにも注意したい。なので、先進国株式を主として、「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」を取り入れました。どれぐらいの割合にするのか、また、先進国株式はどのファンドにするか非常に悩みました。

※先進国株式インデックスの1本にすることにしました。

理由は、シンプルに一つの商品に集約した方が管理が楽だからです。

選んだファンドは「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」。「たわらノーロード 先進国株式」と悩みました。たわらの方が実質コストは低いのですが、eMAXIS Slimシリーズは常に信託報酬を最低水準に目指し続けるという運用姿勢を示しているので、どこか安心感を感じてしまいました。

月の積立額は33,000円です。ボーナス月(7月、12月)に2,000円追加投資するように設定しました。そうすれば、ちょうど40万円になります。

特定口座(SBI証券)

特定口座は安定した運用がしたいので、「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の一本でいきます。7月、12月の賞与時は、25万の追加投資をする予定です。

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」は最も積立額が大きく、僕の資産運用のコアとなります。

番外編 楽天スーパーポイントによる投資(楽天証券)

楽天スーパーポイントを使って楽天証券で投資します。楽天絡みなので、楽天の名がつく今話題の「楽天・バンガード・ファンド」にしようと思いました。現在、以下の3シリーズが用意されています。

  1. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 信託報酬 0.2396%
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド  信託報酬 0.1696%
  3. 楽天・新興国株式インデックス・ファンド 信託報酬 0.2696%

楽天スーパーポイントによる投資なので、投資額も小さいです。どれを選んでもそんなに大差はないかなと思い、一番コストの低い、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を選びました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする