読書メモ シンプルに生きる

「シンプルに生きるための162のコトバ」という本を読みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LIVE SIMPLY シンプルに生きるための162のコトバ [ 本田直之 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/7/3時点)

著者の本田直之さんが今までに書いた本の名言集という感じ。

30分程度で読み終えることできるのですが、意味の深い言葉が多いです。そのため、ページをめくる手が止まり、考えさせられることが多いですね。

僕が気になった言葉を一部紹介します。シンプルライフに強く関する言葉よりも、自己啓発的な言葉の方が印象に残りました。

32 長期的な視点でやっていかない限りは、短期的にいくらプラスだったとしても、最終的にはマイナスになる

一発屋のお笑い芸人よりも、パッとしなくても、ずっとテレビ出演し続けている芸人の方が需要がある。継続力の大切さは、会社経営、人間関係、仕事、お金など、あらゆる分野で当てはまる。僕は過去にFXでやらかしているので、この言葉の意味がよくわかります。一発ドカンと当てるような人生も悪くはないですが、小さなことをコツコツと継続している人には適いません。

43 早起きは人生の重要なスキル

早起きすることの重要性は数々の自己啓発の本でうたわれています。各分野で活躍する著名人も大体早起きの人ばかり。スティーブ・ジョブズ、オバマ元大統領、織田信長、タモリさんとか。

お金持ちは早起き?36人のお金持ちの朝の習慣を徹底調査!

朝は空気が澄んで気持ちがよく、頭も冴えます。僕は平日は朝起きるのが遅めですが、休日は早いです。先日の日曜日は6時半に目が覚め、車で海に行って、ランニングしてきました。休日だけではなく、平日も早く起きる週間が身につけばと思います。

123 自由に生きたいと本気で思うならば、「人からどう思われてもいい」と覚悟すること

欧米の個人主義社会に比べて、日本は集団主義的な考え方が根強くありますが、人の目を気にしていたら、自由になんて生きることはできません。たった一度だけの自分の人生、世間が望むように生きるなんてとてもつまらない。別に32歳で低年収でも、彼女ができなくても、結婚できなくても、自分がそれでよければいいんですwww(やけくそ)

131 自分よりマインドの高い人、マインドの高いネットワークに加わる

マインドの高い人に囲まれると、それに影響されて自分のマインドも上がります。その逆もまた然り。意識の低いネガティブな集団にいると、自分のマインドもマイナスになってしまいます。僕もお金のブログをよく見るので、節約意識やマネーテクニックなどは刺激を受けている面があります。

139 「この生活を続けていたら10年後どうなるか」を想像する

僕はこの言葉を読んで、とても危機感を感じました。週末を何もせずにゴロゴロ過ごしても、翌週に大変なことが起きるわけではありません。しかし、そんな生活を10年続けていたらどうなるでしょう。10年後は、間違いなく今日という日と繋がっているのです。もっと何か建設的な習慣を作っていかなければ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする